神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
都筑区版 公開:2024年2月8日 エリアトップへ

えだきん×夢叶きゃらばん まち普請の助成対象に 新テラスで更なる交流を

社会

公開:2024年2月8日

  • X
  • LINE
  • hatena
工事予定のテラス
工事予定のテラス

 ヨコハマ市民まち普請事業の最終審査となる2次コンテストが1月28日、横浜市庁舎で行われ、都筑区の団体「えだきん×夢叶(ゆめかな)きゃらばん」(上野佳代表)の提案が助成対象に選ばれた。えだきん商店会(荏田南)の製パン店「パリジェンヌ」の前にあるテラスを新設し、リアルとバーチャルの両面で地域住民が集う場所を目指す。

 対象のテラスは、10年以上前に「パリジェンヌ」の店主が地域住民の憩いの場になるようにと整備した。普段から買い物や通勤通学で人通りがあり、学校帰りの小中学生からシニア層まで老若男女が集う交流の場となっている。しかし近年は老朽化が進んできたため、同団体の上野代表は店長の児玉敦子さんから相談を受けていた。

 一昨年と昨年にもまち普請事業に応募したが、バーチャルのイメージがうまく伝わらず落選。今回は「バーチャルとリアルをつなぐ中継点として、引きこもりがちな人や近隣の学生、高齢者まで誰でも集え学べる『中間支援的な空間』を作る」と提案した。

 整備内容は、【1】講座や屋台食堂の開催場所として誰でも気軽に集える「青空テラス」の設置【2】テラスの一部を地域住民が歌やダンスなどを発表できる「いつでもステージ」の設置【3】アプリ「バーチャル空間の商店街」の開発・活用。4月に着工予定で、今年秋ごろの完成を予定する。

自然につながる場に

 店長の児玉さんは「取り壊しに関しては感慨深いものもある。ただ、今は新しいことが始まる期待感のほうが大きい」と前向きに話す。採用されたことについて上野代表は、「これからが大変」と述べつつ、「テラスを整備することで、様々な人がイベントなどを通して自然につながりが生まれる商店街にしたい」と話す。

 完成後は高齢者向けの読書会や小中学生向けの無料の寺子屋、不登校児親子向けの居場所として機能させていく。「完成したらぜひ、遊びにきてください」と上野代表は話した。

 まち普請事業は市民が主体となって行う地域の課題解決・魅力向上のための施設整備の提案に対し、市が支援や助成を行う。今年度はえだきん×夢叶きゃらばんを含め2つの提案が助成対象に。最大500万円の助成金が交付され、提案を形にしていく。

啓進塾 新入塾生を募集

なぜ中学受験する? 中学受験専門塾・啓進塾  入塾説明会など開催

https://www.keisin.com

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

PTA解散 新体制へ

都田西小

PTA解散 新体制へ

「無理なく本質追った結果」

2月29日

特養待機者減へ新指針

横浜市

特養待機者減へ新指針

居住費などに独自助成

2月29日

卒業生らと思い出共有

勝田小

卒業生らと思い出共有

建て替え前に、児童が企画

2月22日

能登半島地震受け再編成

横浜市予算案

能登半島地震受け再編成

地震防災対策を強化

2月22日

「不幸な猫 無くしたい」

中川中央の保護猫カフェ

「不幸な猫 無くしたい」

奄美のノネコ 約3割引き取り

2月15日

「災害時の悪質商法に注意」

横浜市

「災害時の悪質商法に注意」

3月から啓発冊子を配架

2月15日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

  • 1月4日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年3月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook