神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
都筑区版 公開:2024年3月7日 エリアトップへ

3月10日に「プラザまつり」を行うつづきMYプラザの館長 林田 育美さん 都筑区在勤 66歳

公開:2024年3月7日

  • X
  • LINE
  • hatena
林田 育美さん

継続と挑戦の両輪で

 ○…5年ぶりに制限なしで行う「プラザまつり」。「発表する人も来場者も楽しんでいただければ」と話す。外国人支援と青少年支援の役割を担う、つづきMYプラザの館長を務めて16年。変化する人や時代に合わせて、次々と新しい取組に挑戦する一方で、継続することも大切にしてきた。昨年10月に、児童画展で交流の深いボツワナを訪れた。「現地では『茅ケ崎小』が名詞として定着していた。継続する大切さを実感した」

 ○…生まれは長崎県。父が転勤族だったため、「地元がないんです」と冗談ぽく笑う。夫も転勤族で結婚後は1988年から5年間、ドイツへ。ベルリンの壁崩壊を体験した。96年からはアパルトヘイト撤廃後の南アフリカに6年住んだ。激動の歴史を歩む各国で、人種、文化、価値観の違いに苦労したこともあった。多国籍の人が多く訪れる同プラザ。「海外に住んで多様な文化に触れた経験が、他国の人に共感できる土台になっているのでは」と話す。

 ○…通常業務に加え、学校や各関係施設に顔を出したりと多忙な日々を過ごす。そんな中、休日はもっぱら読書を楽しむ。好きなジャンルはミステリー。本屋へ行った際には、インスピレーションに任せて本を選ぶ。「人と接す機会が多いので、本の世界に没頭して頭を休めます」

 ○…自身が発案した「交流児童画展」が10周年を迎えたことについて「正直、ここまで続くとは思わなかった」と苦笑い。初回は準備に1年ほどかかったという。ひと段落した後に「『次はいつやるんですか』と言われたときはびっくりしたけど嬉しかった」。「関係者の方々の協力があってこそ」と感謝の気持ちを忘れることはない。今後も、継続と挑戦の両輪で進んでいく。

都筑区版の人物風土記最新6

板垣 徹宏さん

神奈川県司法書士会横浜北支部の支部長を務める

板垣 徹宏さん

緑区在住 48歳

7月18日

清水 美弥子さん

ダンス&パフォーマンスTSU・ZU・KI2024の実行委員長を務める

清水 美弥子さん

早渕在住 53歳

7月11日

志田 洋子さん

地域環境美化功績者として環境大臣賞を受賞した

志田 洋子さん

佐江戸町在住 74歳

7月4日

中山 敏明さん

都筑防犯協会の会長に就任した

中山 敏明さん

勝田町在住 78歳

6月27日

野村 秀樹さん

川和町でサックスのソロ演奏会を行う

野村 秀樹さん

緑区在住 55歳

6月20日

宮本 毅さん

中川小学校150周年記念式典実行委員会の委員長を務める

宮本 毅さん

牛久保東在住 79歳

6月13日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月11日0:00更新

  • 7月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook