旭区版 掲載号:2011年4月28日号
  • googleplus
  • LINE

自転車運転 携帯、イヤホン禁止に 神奈川県、5月から違反に罰金5万円以下

2010年 自転車事故件数 年齢別(旭署提供)
2010年 自転車事故件数 年齢別(旭署提供)

 神奈川県道路交通法施行細則の一部改正で、自転車運転中の携帯電話やイヤホンなどの使用が5月1日から禁止される。近年、自転車利用者のマナーが低下している問題などを受けたもので、旭警察署では通学などで利用が多い高校生への指導にも力を入れる。

 禁止されるのは自転車を運転しながら携帯電話を手で保持しての通話や操作、画面注視などをはじめ、イヤホンやヘッドホンを使用して大音量で音楽などを聴く行為。周囲の音が聞こえにくい状態は交通事故につながる危険性があることから、イヤホンなどの使用は自動車や原動機付自転車の運転でも禁止される。

 自転車での違反行為については警察官の注意に応じなかった場合、罰則として交通違反切符(通称・赤切符)で手続きされる。違反者が成人の場合は区検察庁、少年は家庭裁判所に送致され、5万円以下の罰金が科せられる。自動車や原動機付自転車による違反行為は、それぞれ反則金での手続きとなる。

旭区、事故最多は30代

 旭署によると、区内で昨年(2010年)1年間に発生した自転車の事故は147件。年齢別では30代が28件と最多で、次いで19歳から29歳が22件だった。旭署は「通勤に自転車を利用する人が多いため」と指摘。30代の事故状況としては、右左折時が14件と最多を占めており、確認不足が大きな原因のようだ。

 区内は坂道が多いため旭署では自転車利用者が比較的少ないと見るが、3月11日の大地震発生以降は増えているとも。「暖かくなってきた気候も影響していると思うが、燃料不足もあって利用は増えている」と指摘。運転に不慣れな利用者が増えていることも加わり、自転車と二輪車の事故は昨年比(1月〜4月24日時点)で約15%増えているという。

高校生への指導に注力

 旭署では5月11日に二俣川駅頭で開催する「春の交通安全キャンペーン」で道交法改正を周知する。

 生徒の約6割が通学で自転車を利用するという県立旭高校の依頼にも応じ、6月20日には通学途中の生徒に校門前で啓発活動を行うほか、1年生を対象にした講話も企画している。

 「連休明けに新生活への緊張がゆるみ、6月には1年生の自転車事故が増える傾向」と同校。旭署では「まずは指導に力を入れていく」と話している。
 

旭区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

今年は開花見られず

追分市民の森菜の花

今年は開花見られず

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

被害抑止へ孫の力を

振り込め詐欺

被害抑止へ孫の力を

3月8日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月1日号

五味さんが県知事賞

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク