旭区版 掲載号:2016年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

基準地価 二俣川駅南口が急上昇 市内2番目の上昇率

社会

再開発工事が進む二俣川駅南口
再開発工事が進む二俣川駅南口
 神奈川県はこのほど、2016年7月1日時点での県内921地点の基準地価を発表した。旭区の住宅地の平均変動率は0・1%(前年0・1%)だったが、再開発事業が進む二俣川駅南口周辺が5・1%(同3・1%)と、市内では中区山手町に続く2位の上昇率だった。

 基準地価は、基準地1平方メートルあたりの土地取引価格を不動産鑑定士の評価などを踏まえ、客観的に示すもの。市内では住宅地の平均価格は22万円、商業地は70万200円で、住宅地の平均変動率は0・9%(前年1・4%)、商業地は2・5%(同2・5%)だった。 

 旭区では住宅地・商業地合わせて18地点で調査。区全体の住宅地の平均価格は18万6500円、商業地は27万7300円。変動率は、住宅地0・1%、工業地0・5%だった。

 区内住宅地の価格、変動率の最高地点は「二俣川2丁目32番64」だった。価格は24万7000円で、市平均22万円を上回った。また、変動率は5・1%と市内2位、県内4位の上昇率だった。駅南口では現在、再開発事業が進められており、期待が高まっていることがうかがえる。一方、最も低かったのは、価格では「桐が作1640番5」(11万6000円)、変動率では「白根8丁目750番158」(マイナス1・8%)だった。

交通の利便性に期待

 二俣川駅南口の不動産会社「イトーハウジング」の松島信之代表取締役は、二俣川の上昇について「今後の交通面の利便性が一因」と分析する。相鉄線ではJR線、東急線の相互直通運転の開業を、それぞれ2019年度後半、22年度後半に予定している。これが開業すると、二俣川駅からの都心へのアクセスは大幅に向上される。「交通の利便性が高まることで、二俣川1、2丁目は特に注目が高まっている。北口にはがんセンターなど県の施設もあるので、二俣川全体が今まで以上に上昇しているように感じる」と話す。また、今後は鶴ヶ峰駅周辺の再開発を見越し、「鶴ヶ峰駅周辺への期待も高まるのでは」とも見解を示した。

庭木のお手入れ承ります見積無料

今なら「タウン見た」で10%OFF !(2万円以上のご依頼に限る)

https://www.919g.co.jp/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6件

学童保育 運営道のり険し

花見期に臨時利用開始

こども自然公園新駐車場

花見期に臨時利用開始

2月22日号

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

ポスター掲示でポイ捨て防止

柏町市民の森

ポスター掲示でポイ捨て防止

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

県立2校と合同で演奏会

横浜旭陵高吹奏楽部

県立2校と合同で演奏会

2月8日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

梅の花愛でる茶屋

こども自然公園

梅の花愛でる茶屋

25日に梅林入口で

2月25日~2月25日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク