旭区版 掲載号:2017年4月6日号 エリアトップへ

旭区役所 ヘルプマーク配布開始 「見えない障害に配慮を」

社会

掲載号:2017年4月6日号

  • LINE
  • hatena
ヘルプマークを見せる区役所職員ら
ヘルプマークを見せる区役所職員ら

 義手や義足、難病など外見からは分からない障害のある人が、周囲に援助や配慮の必要を知らせるヘルプマーク。神奈川県は3月22日から、同マークを導入。旭区内では、区役所の高齢・障害支援課で配布が始まった。

 ヘルプマークは、免許証程度の大きさで、赤い樹脂製の素材に白い十字とハートマークが描かれており、バッグなどに付けられる。マークは東京都が2012年に独自に作成し、今年3月末時点で神奈川県のほかに、京都府や和歌山県など1府4県で導入。全国の自治体を中心に、広がりを見せている。県ではこのほど、1万個の同マークを製作。市内では各区役所で、周囲の援助や配慮を必要としている人を対象に無料で配布を行っている。

 同課によると、配布から1週間となる3月28日時点で、24人が同マークを受け取りに窓口を訪れたという。職員は「受け取りに来た人は高齢の方が多かったです。杖はついていないけれど、足腰が強くないといった人などがいらっしゃいました」と話す。

 同課の新井隆哲課長は、区としても今後、広報を行いマークの周知を図っていくとした上で、「まずはヘルプマークの存在を知っていただきたい。外見からは分からない障害がある人で、ご自分からはなかなか周囲の援助を求められない人などに積極的に利用してほしいです。また、周囲の人もヘルプマークを付けている人を見かけたら配慮をしていただきたいと思います」と呼びかけている。

 同マークについての詳細や問い合わせは、横浜市コールセンター【電話】045・664・2525へ。
 

旭区版のトップニュース最新6

二俣川で「重忠」情報発信

旭区

二俣川で「重忠」情報発信 文化

「大河ドラマ」放送に伴い

1月20日号

秋季神奈川大会で優勝

旭リトルリーグ

秋季神奈川大会で優勝 スポーツ

投手力と走塁力で制す

1月20日号

2年振りに新年の集い

旭区

2年振りに新年の集い 社会

コロナ対応で式典のみ

1月13日号

「期待の春に万全の準備を」

(株)横浜DeNAベイスターズ

「期待の春に万全の準備を」 スポーツ

木村社長新春インタビュー

1月13日号

4月以降は上昇傾向か

横浜市景況調査

4月以降は上昇傾向か 社会

飲食・宿泊業は厳しさ続く

1月13日号

人権作文で県最優秀賞

本宿中3年和田美珠(みたま)さん

人権作文で県最優秀賞 教育

7万5千編の中から選出

1月6日号

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook