旭区版 掲載号:2017年8月24日号 エリアトップへ

神奈川県実習指導者表彰 日向台・古堅(ふるげん)さんが受賞 院内の環境づくりに尽力

社会

掲載号:2017年8月24日号

  • LINE
  • hatena
「実習で達成感を感じてほしい」と古堅さん
「実習で達成感を感じてほしい」と古堅さん

 神奈川県看護師等養成実習病院の実習指導者表彰がこのほど発表され、日向台病院(市沢町)の古堅和代さん(42・旭区在住)が受賞した。15年間にわたり実習指導を担当し、学生らが学びやすい環境づくりを構築したことなどが評価された。

 神奈川県看護師等養成実習病院連絡協議会と神奈川県では、1999年度から看護教育の質的向上を目的に、看護教育の発展・向上に功績のあった実習指導者を表彰している。今年度は県内で6人が受賞した。

 受賞した古堅さんは「『私でいいのかな』とも思ったけど、素直にうれしい」と笑顔を見せる。同院の職員が受賞するのは、今回で2回目。

 看護師養成の中で、欠かせないカリキュラムが「実習」。病院の実習指導者は通常の業務を行いながら、看護学生の実習指導を行う。同院の精神科でも年間約200人を受け入れており、臨床指導者の資格を持った看護師が指導を担当している。

 古堅さんは2002年に臨床指導者の資格を取得して以来15年間、実習指導を担当。自身が看護学生時代に感じた不安を感じさせたくないと、学生が話し掛けやすい環境づくりに努めた。「看護師はいつも忙しくしていて、学生は何か聞きたくても話し掛けられないことがある。私がそうだったので、同じ思いはさせたくなくて」と話す古堅さん。

「自分の感情を言葉に」

 ほかの科に比べて、よりコミュニケーション力が求められるという精神科。「最近の学生はコミュニケーションが希薄になっているように感じます」。実際に、対人関係を築くことが苦手な学生も多く、精神科の業務に戸惑ってしまうこともあるという。しかし、2週間の実習期間で患者と向き合い、変化が見られることも。古堅さんは「学生たちには、『自分の感情を言葉にして、少しずつコミュニケーションをとるように』と指導しています。最後には楽しかったと言ってくれる学生もいます」と話す。実際に、実習での経験から同院への就職を希望する学生も多く、大きなやりがいにつながっているという。

 看護科長の役職もあり、人材育成や看護管理の仕事も任せられている古堅さん。「病院全体が話しやすく、より風通しのいい雰囲気にしたい。自分のできることを模索していければ」と話した。

旭区版のトップニュース最新6

コロナ関連も注意

振り込め詐欺

コロナ関連も注意 社会

対策へ区が補助金も

5月28日号

市、早期給付へ体制強化

特別定額給付金

市、早期給付へ体制強化 経済

「郵送」申請書発送開始へ

5月28日号

読書推進で文科大臣表彰

若葉台特別支援学校

読書推進で文科大臣表彰 教育

特色ある取り組み評価

5月21日号

医療と経済に重点配分

補正予算

医療と経済に重点配分 政治

林市長、コロナ対策語る

5月21日号

コロナ禍の医療現場 支援

旭RC

コロナ禍の医療現場 支援 社会

医師会にFS(フェイスシールド)を寄贈

5月14日号

市内外国人への支援拡充

横浜市

市内外国人への支援拡充 社会

パシフィコに日本語拠点

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク