旭区版 掲載号:2018年11月29日号 エリアトップへ

都市マス「旭区プラン」 14年ぶりに改定 20年後の区の将来像示す

社会

掲載号:2018年11月29日号

  • LINE
  • hatena
旭区の将来都市構造図(「旭区プラン」より)
旭区の将来都市構造図(「旭区プラン」より)

 旭区は11月15日、2004年に策定された「旭区プラン」を14年ぶりに改訂し公表。「土地利用」「交通」「環境」「魅力と活力」「防災と防犯」の5つの方針を柱に、区のおおむね20年後を見据えた将来像がまとめられた。

 横浜市は都市計画法に基づき、市全体の構想をまとめた「横浜市都市計画マスタープラン」を策定している。各区プランは全体構想を前提に、区の将来像が示されている。今回の「旭区プラン」の改定は、2013年に「横浜市都市計画マスタープラン」が改訂されたことを受け、準備が進められてきた。区民とのワークショップや意見募集を経て、公表に至った。

まちづくりの大変換期

 旭区では今年4月、二俣川駅南口の再開発事業で商業施設「ジョイナステラス二俣川」が開業。その後も「相鉄・JR直通」「相鉄・東急直通」「鶴ヶ峰駅周辺の連続立体交差化事業」「旧上瀬谷通信施設の跡地利用」など、大きな動きが予定されている。

 同プランではこれらの計画に触れつつ、駅周辺の生活拠点の強化や大規模団地再生などについての構想がまとめられている。また、多くの自然が残る特徴を生かした緑化推進の取り組みや帷子川旧河川を利用したプロムナード化、災害対策や空き家対策などを含む防犯・防災に関する取り組みなどについても触れられている。旭区区政推進課担当者は「区民、事業者、行政がそれぞれの役割を分担し、協力・連携してプランを具現化していきたい」と話す。

 同プランは旭区役所、旭図書館などで閲覧・配布されているほか、区HP(http://city.yokohama.lg.jp/asahi/madoguchi/kusei/kikaku/toshi-master/)でも閲覧可能。

旭区版のトップニュース最新6

環境アセス動画を公開

鶴ヶ峰駅付近連続立体交差事業

環境アセス動画を公開 社会

コロナ禍で説明会は中止

1月21日号

トンネル上部を有効利用

二俣川駅南口

トンネル上部を有効利用 社会

市、事業者を募集中

1月21日号

新たな拠点で活動推進

旭保護司会

新たな拠点で活動推進 社会

柏町にサポートセンター

1月14日号

3件増も少なめで推移

旭区内火災件数

3件増も少なめで推移 社会

原因最多は放火の11件

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

「安全安心の五輪やりきる」 政治

黒岩知事 インタビュー

1月7日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月7日号

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク