旭区版 掲載号:2019年3月21日号 エリアトップへ

里山ガーデン 今秋、アスレチック施設 設置 市内初のPark-PFI事例

社会

掲載号:2019年3月21日号

  • LINE
  • hatena
緑化フェア開催時に設置されていたアスレチック施設、現在は撤去されている
緑化フェア開催時に設置されていたアスレチック施設、現在は撤去されている

 里山ガーデン(上白根町)内に設置が予定されている、アスレチック施設の整備・運営事業者がこのほど決定。今年9月ごろの利用開始に向け準備が進められる。民間活力を取り入れて公園を整備するPark―PFI(公募設置管理制度)の市内初の事例となる。

 里山ガーデンは、よこはま動物園ズーラシアに隣接する場所で「横浜動物の森公園」として整備が進められる予定地の一部。2017年に開催された「第33回全国都市緑化よこはまフェア」(緑化フェア)の会場として整備され、現在は春と秋の年2回、期間限定で一般に公開されている。

民間資金やノウハウ活用

 横浜市は「横浜動物の森公園」の整備に向けた基本計画を策定する中で、同公園の未整備地区を4つのゾーンに区分して活用していく方針。アスレチック施設が整備されるのは「森を楽しむゾーン」として公民連携推進エリアとして先行整備される。

 整備に向け市は、民間の資金やノウハウを活用し、公園の整備を進めるPark―PFIを市内で初めて導入。昨年11月から事業者の公募を行い、今年2月に行われたプレゼンテーションなどを経て、(有)パシフィックネットワーク(東京都渋谷区)に決定した。

 同社は今後、園内にアスレチック施設や散策路を整備し、公園使用料を負担していく。一方、通常10年となっている園内に施設を設置できる管理許可期間が、最長20年になるなどの特例を受けることができる。市環境創造局の担当者は「公民連携することで、様々なご提案を聞きつつ、自然を守りながら今後の整備につなげていきたい」と話す。

春の公開は3月23日から

 里山ガーデンの春の公開が3月23日(土)から5月6日(月)まで行われる。これは花と緑に親しむイベント「ガーデンネックレス2019」の一環。市内最大級約1万平方メートルの大花壇のほか、タレントで同イベントのアンバサダー・三上真史さんがデザイン監修するウェルカムガーデンなどが楽しめる。(問)【電話】050・5548・8686

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

地域一体でSDGs推進

希望が丘東地区

地域一体でSDGs推進 社会

安心・便利な生活目指す

2月20日号

無料「もの忘れ検診」開始

横浜市

無料「もの忘れ検診」開始 社会

県内初、65歳以上が対象

2月20日号

長期改修工事が完了

横浜市旭スポーツセンター

長期改修工事が完了 スポーツ

「大なわとび」で利用再開

2月13日号

立体交差事業で素案作成

相鉄線西谷―二俣川駅間

立体交差事業で素案作成 社会

13・15日、市が説明会

2月13日号

件数は県下ワースト2位

旭区振り込め詐欺

件数は県下ワースト2位 社会

20件増加も、額は減少

2月6日号

レスリング 全日本で優勝

南本宿町佐々木さん

レスリング 全日本で優勝 スポーツ

柔道経験生かし、相手圧倒

2月6日号

50回目の記念大会

旭ズーラシア駅伝

50回目の記念大会 文化

五輪メダリストも力走

1月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓の練習成果披露

和太鼓の練習成果披露

打鼓音、3月15日

3月15日~3月15日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク