旭区版 掲載号:2019年3月21日号 エリアトップへ

里山ガーデン 今秋、アスレチック施設 設置 市内初のPark-PFI事例

社会

掲載号:2019年3月21日号

  • LINE
  • hatena
緑化フェア開催時に設置されていたアスレチック施設、現在は撤去されている
緑化フェア開催時に設置されていたアスレチック施設、現在は撤去されている

 里山ガーデン(上白根町)内に設置が予定されている、アスレチック施設の整備・運営事業者がこのほど決定。今年9月ごろの利用開始に向け準備が進められる。民間活力を取り入れて公園を整備するPark―PFI(公募設置管理制度)の市内初の事例となる。

 里山ガーデンは、よこはま動物園ズーラシアに隣接する場所で「横浜動物の森公園」として整備が進められる予定地の一部。2017年に開催された「第33回全国都市緑化よこはまフェア」(緑化フェア)の会場として整備され、現在は春と秋の年2回、期間限定で一般に公開されている。

民間資金やノウハウ活用

 横浜市は「横浜動物の森公園」の整備に向けた基本計画を策定する中で、同公園の未整備地区を4つのゾーンに区分して活用していく方針。アスレチック施設が整備されるのは「森を楽しむゾーン」として公民連携推進エリアとして先行整備される。

 整備に向け市は、民間の資金やノウハウを活用し、公園の整備を進めるPark―PFIを市内で初めて導入。昨年11月から事業者の公募を行い、今年2月に行われたプレゼンテーションなどを経て、(有)パシフィックネットワーク(東京都渋谷区)に決定した。

 同社は今後、園内にアスレチック施設や散策路を整備し、公園使用料を負担していく。一方、通常10年となっている園内に施設を設置できる管理許可期間が、最長20年になるなどの特例を受けることができる。市環境創造局の担当者は「公民連携することで、様々なご提案を聞きつつ、自然を守りながら今後の整備につなげていきたい」と話す。

春の公開は3月23日から

 里山ガーデンの春の公開が3月23日(土)から5月6日(月)まで行われる。これは花と緑に親しむイベント「ガーデンネックレス2019」の一環。市内最大級約1万平方メートルの大花壇のほか、タレントで同イベントのアンバサダー・三上真史さんがデザイン監修するウェルカムガーデンなどが楽しめる。(問)【電話】050・5548・8686

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

女子サッカー部を設立

旭高校

女子サッカー部を設立 スポーツ

部員3人から大会目指す

5月19日号

27年開催へ機運醸成

横浜国際園芸博旭区協議会

27年開催へ機運醸成 社会

コロナ禍で1年ぶり

5月19日号

今夏、3年ぶり開催へ

横浜旭ジャズまつり

今夏、3年ぶり開催へ 文化

5月22日にプレイベント

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

被害額が2250万円増

特殊詐欺被害 1−3月期

被害額が2250万円増 社会

「カード不正利用」騙り電話

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook