旭区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

「県のがん医療をリード」 神奈川県立がんセンター

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

 --がんセンターの特徴はどのような点ですか。

 「病院の名前が示す通り、がんの専門病院です。地域の中核病院の先頭に立ち、がんの診療に取り組んでいます。ほかの病院にはない高度な医療も提供しています。象徴的なのは重粒子線治療施設『i─ROCK』。昨年度は271人が治療を受けており、今年度は500人を目標としています」

 --がんセンターが旭区にできた経緯や歩みは。

 「この周辺はもともと県の土地で、そこに成人病センターが発足したのが1963年。病院が再編され、86年にがんセンターとなりました。その後、2007年には、都道府県がん診療連携拠点病院になり、県のがん医療をリードしていくというミッションが与えられました。また、新たな時代の治療として、ゲノム医療に取り組んでいます。今年4月には、がんゲノム診療センターを設置。がんゲノム医療の拠点病院の指定を受けるため、取り組みを進めています」

 --テレビドラマの撮影で使用されることが多いですが、きっかけは。

 「13年に新築・移転した際、ドラマの制作会社から依頼がありました。当時、私は副院長だったのですが、こういう依頼は受けた方がいいと進言したのです。院内の活気になるし、病院を知ってもらうきっかけになるので。今では年間10本。これまでに50本ぐらいは撮影に使われています」 

 --新時代に向け、がん医療のこれからは。

 「超高齢化に対処していくこと。今、5年ごとに策定する、次期中期計画をまとめています。各診療科の部長に『100歳の初発のがん患者さんをどのように診療するのか』『医療においてAIをどのように考えているのか』の2つのテーマで意見書を作ってもらっています。そして、将来のがん医療を踏まえ、今後の中期計画に反映していきたいと考えています」

旭区版のローカルニュース最新6

50周年行事を振り返ろう

「思い出に残る、未来につなげる式典に」

「思い出に残る、未来につなげる式典に」 教育

笹野台小学校 飯田雅人校長

12月2日号

「笹小50歳をお祝いしよう‼」

「笹小50歳をお祝いしよう‼」 教育

創立50周年記念事業実行委員会 熊谷雅彦委員長

12月2日号

近隣幼稚園にリース贈呈

周年実行委員会

近隣幼稚園にリース贈呈 社会

郵便局で採った植物使い

12月2日号

周年記念品に歓声

周年記念品に歓声 社会

PTA実行委員会が制作

12月2日号

1年越しの記念式典

祝50周年笹野台小学校

1年越しの記念式典 教育

地域と歩み、未来へつなぐ

12月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook