旭区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

「県のがん医療をリード」 神奈川県立がんセンター

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

 --がんセンターの特徴はどのような点ですか。

 「病院の名前が示す通り、がんの専門病院です。地域の中核病院の先頭に立ち、がんの診療に取り組んでいます。ほかの病院にはない高度な医療も提供しています。象徴的なのは重粒子線治療施設『i─ROCK』。昨年度は271人が治療を受けており、今年度は500人を目標としています」

 --がんセンターが旭区にできた経緯や歩みは。

 「この周辺はもともと県の土地で、そこに成人病センターが発足したのが1963年。病院が再編され、86年にがんセンターとなりました。その後、2007年には、都道府県がん診療連携拠点病院になり、県のがん医療をリードしていくというミッションが与えられました。また、新たな時代の治療として、ゲノム医療に取り組んでいます。今年4月には、がんゲノム診療センターを設置。がんゲノム医療の拠点病院の指定を受けるため、取り組みを進めています」

 --テレビドラマの撮影で使用されることが多いですが、きっかけは。

 「13年に新築・移転した際、ドラマの制作会社から依頼がありました。当時、私は副院長だったのですが、こういう依頼は受けた方がいいと進言したのです。院内の活気になるし、病院を知ってもらうきっかけになるので。今では年間10本。これまでに50本ぐらいは撮影に使われています」 

 --新時代に向け、がん医療のこれからは。

 「超高齢化に対処していくこと。今、5年ごとに策定する、次期中期計画をまとめています。各診療科の部長に『100歳の初発のがん患者さんをどのように診療するのか』『医療においてAIをどのように考えているのか』の2つのテーマで意見書を作ってもらっています。そして、将来のがん医療を踏まえ、今後の中期計画に反映していきたいと考えています」

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6

シンガポールの生徒と交流

南希望が丘中

シンガポールの生徒と交流 教育

青少年赤十字プログラム

11月14日号

歌と踊りで防犯学んで

八ッ橋幼稚園

歌と踊りで防犯学んで 社会

旭署が園児に教室

11月14日号

国を越える「架け橋」に

国を越える「架け橋」に 教育

星槎高で国際交流イベント

11月14日号

50回目の口演会

泉区

50回目の口演会 文化

いずみ紙芝居一座

11月14日号

瀬谷センターで祭り

瀬谷区

瀬谷センターで祭り 文化

16日と17日

11月14日号

体験で「仕事」を学ぼう

旭区

体験で「仕事」を学ぼう 教育

24日、南万騎が原駅前

11月14日号

筒香選手、いざメジャーへ

筒香選手、いざメジャーへ スポーツ

10年間を感謝で振り返り

11月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク