旭区版 掲載号:2019年7月11日号 エリアトップへ

地域と作業所協力で「カフェ」 鶴ヶ峰地区で連携広がる

社会

掲載号:2019年7月11日号

  • LINE
  • hatena
1周年を記念してギターの弾き語りも披露された中田カフェ
1周年を記念してギターの弾き語りも披露された中田カフェ

 西川島町中田町内会(藤原宏会長)の交流の場「中田カフェ」が、このほど開始から1周年を迎えた。障害のある人が働く地域作業所と町内会が協力したもので、これを参考に鶴ヶ峰自治会も新たな取り組みをスタート。障害の有無を超えた連携が鶴ヶ峰地域で広がっている。

 昨年6月からスタートした中田カフェ。町内会でのアンケートの結果、交流の場を求める声が多かったことから企画された。立ち上げの際には、鶴ヶ峰地域ケアプラザが障害のある人が働く「まどか工房」(鶴ヶ峰)を町内会へ紹介。まどか工房が飲食物を提供し、町内会館を会場とすることで気軽に立ち寄って交流できる場が実現した。

 区内で自治会や町内会と作業所が協力して地域の居場所を運営する例はあまりなく、同ケアプラザの高橋大輔さんは「鶴ヶ峰は障害のある方の作業所が多い地域なので、地域の方とつなげられるのではと考えた」と意図を説明する。

 スタート以降は毎月第4火曜に実施され、毎回30人前後が参加。6月25日の1周年の会には約50人が集まり、大盛況だった。「予想以上の人々が参加してくれている。これからも続けて皆で育てていきたい」と藤原会長。まどか工房の飯塚豊江さんは「地域の皆さんに受け入れてもらいうれしい。実際に触れ合うことで、障害への理解にもつながると思う」と話す。

孤立防ぐ機会に

 一方、鶴ヶ峰自治会(佐藤進会長)は6月28日、鶴ヶ峰自治会館で「おしゃべりカフェ・つるがみね」を開設した。中田カフェ同様にまどか工房が協力し、地域住民が触れ合う新たな場として考案された。

 初回から50人弱が立ち寄り、今後は毎月第4金曜に実施予定。佐藤会長は「孤立が進んで人と話さない時間が多い人もいる。少しずつ浸透して顔の見える関係につながれば」と話している。

旭区版のトップニュース最新6

地域一体でSDGs推進

希望が丘東地区

地域一体でSDGs推進 社会

安心・便利な生活目指す

2月20日号

無料「もの忘れ検診」開始

横浜市

無料「もの忘れ検診」開始 社会

県内初、65歳以上が対象

2月20日号

長期改修工事が完了

横浜市旭スポーツセンター

長期改修工事が完了 スポーツ

「大なわとび」で利用再開

2月13日号

立体交差事業で素案作成

相鉄線西谷―二俣川駅間

立体交差事業で素案作成 社会

13・15日、市が説明会

2月13日号

件数は県下ワースト2位

旭区振り込め詐欺

件数は県下ワースト2位 社会

20件増加も、額は減少

2月6日号

レスリング 全日本で優勝

南本宿町佐々木さん

レスリング 全日本で優勝 スポーツ

柔道経験生かし、相手圧倒

2月6日号

50回目の記念大会

旭ズーラシア駅伝

50回目の記念大会 文化

五輪メダリストも力走

1月30日号

きもの和五十鈴

ゆかたレンタル5点セットが「3800円~」、高校生は1000円割引!!

http://kimonowaisuzu.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓の練習成果披露

和太鼓の練習成果披露

打鼓音、3月15日

3月15日~3月15日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク