旭区版 掲載号:2019年8月1日号 エリアトップへ

相鉄・JR直通線 11月30日から新ダイヤ 通勤特急・通勤急行の導入も

社会

掲載号:2019年8月1日号

  • LINE
  • hatena
新ダイヤの路線図=相鉄グループ発表資料より
新ダイヤの路線図=相鉄グループ発表資料より

 相模鉄道(株)はこのほど、相鉄線とJR線の相互直通運転が始まる今年11月30日(土)に合わせ新ダイヤで運行することを発表。通勤特急・通勤急行などが導入されることも決まった。

 11月30日の相互直通運転に向け整備が進められている「相鉄・JR直通線」。相模鉄道(株)は相互直通に合わせ、同日から新ダイヤでの運行を開始する。大きな改正点は、現在、各停のみが停車する西谷駅に特急と快速も停車すること。同駅が「相鉄・JR直通線」への分岐駅となるため、乗り換えの利便性向上を図る考えだ。同社は直通線の開業により、西谷駅から羽沢横浜国大駅までの利用者を一日あたり約7万人と想定。羽沢横浜国大駅の乗降客数は一日約1万人を見込んでおり、同駅周辺の再開発計画にも期待が寄せられている。

 また、ダイヤ改正に合わせ、平日朝ラッシュ時間帯に、いずみ野線から横浜方面に通勤特急と通勤急行が新設。横浜方面への速達性の向上が図られる。なお、通勤急行の一部は、海老名駅からも運行される計画だ。

都心へは最多4本/時

 「相鉄・JR直通線」の運行計画の概要も決定した。運行区間は海老名駅から新宿駅まで。朝通勤時間帯の一部列車は、新宿駅を過ぎ、大宮方面へ直通する。運行本数は一日46往復(92本)。朝ピーク時間帯は毎時4本。そのほかの時間帯は毎時2〜3本となる。二俣川駅〜新宿駅の最速達列車は44分となる見込みだ。また、二俣川駅から主な駅までの運賃は、武蔵小杉までが520円、渋谷駅・新宿駅は760円となる。
 

旭区版のトップニュース最新6

弁当で食品ロス減らす

今宿小6年3組

弁当で食品ロス減らす 教育

地元店の協力で販売

3月4日号

市、商店街の発行支援へ

プレミアム付商品券

市、商店街の発行支援へ 経済

助成金で消費喚起図る

3月4日号

オンラインで初開催

あっぱれフェスタ

オンラインで初開催 社会

動画と通販で活動伝える

2月25日号

上下線でホームドア運用

二俣川駅

上下線でホームドア運用 社会

相鉄線で3番目

2月25日号

横浜市旭区の魅力を小冊子で紹介

【Web限定記事】

横浜市旭区の魅力を小冊子で紹介 社会

2月18日号

無料頒布会で生活支援

【Web限定記事】旭区社協万騎が原地区社協

無料頒布会で生活支援 社会

3月7日、相談にも対応

2月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク