旭区版 掲載号:2020年1月16日号 エリアトップへ

旭北中 竹内さんが法務大臣賞 “社明運動”作文で最高評価

教育

掲載号:2020年1月16日号

  • LINE
  • hatena
賞状とトロフィーを手にする竹内さん
賞状とトロフィーを手にする竹内さん

 「”社会を明るくする運動”作文コンテスト」でこのほど、旭北中学校3年の竹内唯さんが法務大臣賞を受賞した。全国から34万点以上の応募がある中で、全国1位にあたる最高評価を受けた。

 犯罪や非行のない地域社会を築くために全国的に行われている”社会を明るくする運動”。同コンテストは作文を通してこの運動への理解を深めるため、家庭や学校など日常生活での体験をもとに犯罪や非行に関して考えたことや感じたことを文章にした作品を募っている。

 小中学生が対象で、今回は全国から小学生約15万点、中学生約19万点の合わせて34万点以上の応募があった。その中から入賞作品が選出され、竹内さんの作品が中学生の部で最優秀賞にあたる法務大臣賞に選ばれた。

”人の輪”を大切に

 もともと作文を書くことが好きだという竹内さんは、夏休みの自由課題として同コンテストに応募。小学校時代の体験と自分の意見を盛り込み、「私を見て」という題名で作文を書き上げた=全文を本紙で紹介。

 受賞作では自身が孤独を感じて過ちを犯してしまった経験を告白。しかし、母親の言動に救われたことから、人の輪があることで孤独を感じる人が減り、犯罪や非行も減っていくという意見がまとめられている。竹内さんは「過去の辛いことを書くことには少しためらいもあったけど、体験と考えをつなげて人の心に訴えるような今までで一番の作文が書けたと思う」と作品を振り返る。

 昨年12月25日には東京都内で表彰式が行われ、賞状とトロフィーが贈呈された。学校のホームルームで受賞の知らせを聞いたという竹内さんは「クラスの皆も喜んでくれてうれしかった。今後は小説などの物語も書いてみたい」と話した。

旭区版のトップニュース最新6

地域一体でSDGs推進

希望が丘東地区

地域一体でSDGs推進 社会

安心・便利な生活目指す

2月20日号

無料「もの忘れ検診」開始

横浜市

無料「もの忘れ検診」開始 社会

県内初、65歳以上が対象

2月20日号

長期改修工事が完了

横浜市旭スポーツセンター

長期改修工事が完了 スポーツ

「大なわとび」で利用再開

2月13日号

立体交差事業で素案作成

相鉄線西谷―二俣川駅間

立体交差事業で素案作成 社会

13・15日、市が説明会

2月13日号

件数は県下ワースト2位

旭区振り込め詐欺

件数は県下ワースト2位 社会

20件増加も、額は減少

2月6日号

レスリング 全日本で優勝

南本宿町佐々木さん

レスリング 全日本で優勝 スポーツ

柔道経験生かし、相手圧倒

2月6日号

50回目の記念大会

旭ズーラシア駅伝

50回目の記念大会 文化

五輪メダリストも力走

1月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

梅の花愛でる茶屋

梅の花愛でる茶屋

こども自然公園で23日

2月23日~2月23日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク