旭区版 掲載号:2020年3月19日号 エリアトップへ

二俣川駅北口 「自転車は駐輪場へ」 歩道に児童の絵で啓発

社会

掲載号:2020年3月19日号

  • LINE
  • hatena
児童の絵が貼られている歩道=12日撮影
児童の絵が貼られている歩道=12日撮影

 以前から歩道の放置自転車が常態化していた二俣川駅北口。今年に入ってから二俣川小学校児童の絵を使った啓発シートを歩道に設置し、抑止に取り組んでいる。横浜市内では市営地下鉄・新羽駅(港北区)で同様の事例があるが、旭区内では初の試みとなる。

 啓発シートが設置されたのは、同駅北口の試験場通り沿いの歩道。設置した旭土木事務所によると以前から地元自治会から放置自転車の改善要望があった中で、2013年に設置した新羽駅の事例では駐輪がほとんどなくなったこともあり、今回の対策につながった。

 要望をしていた二俣川地区連合自治会(内田紘司会長)では、10年以上前から警察や区役所などと協力して毎月10日に防犯キャンペーンを実施。その中で、放置自転車に警告札を貼るなどして抑止を呼び掛けている。内田会長は「ピーク時に比べるとだいぶ減った。ただあそこは歩道の幅が狭い中で、未だに放置されてすれ違いづらいことも多い」と話す。

短期間で効果も

 対策にあたり、旭土木事務所では近隣の二俣川小へ協力を依頼した。同校3年生が2人1組で、駐輪抑止を訴える絵18枚を制作。その絵をデータ化して歩道面に貼ることができるシートにし、放置自転車が特に多い場所へ1月末に設置した。

 旭土木事務所によると設置後は絵の部分を避ける形で未だに放置自転車はあるものの、多少減ってきている印象だという。同所の担当者は「小学生の皆さんが願いを込めて制作したポスターです。いつでもご覧いただけるように、自転車の駐輪は最寄りの駐輪場をご利用ください」と呼び掛けている。

旭区版のトップニュース最新6

区内施設、段階的に再開

新型コロナ

区内施設、段階的に再開 社会

宣言解除受け始動

6月4日号

CF(クラウドファンディング)で飲食店を応援

コロナ関連も注意

振り込め詐欺

コロナ関連も注意 社会

対策へ区が補助金も

5月28日号

市、早期給付へ体制強化

特別定額給付金

市、早期給付へ体制強化 経済

「郵送」申請書発送開始へ

5月28日号

読書推進で文科大臣表彰

若葉台特別支援学校

読書推進で文科大臣表彰 教育

特色ある取り組み評価

5月21日号

医療と経済に重点配分

補正予算

医療と経済に重点配分 政治

林市長、コロナ対策語る

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク