旭区版 掲載号:2020年10月1日号 エリアトップへ

オンデマンドバス 買い物・送迎を加えて実験 若葉台、10月末まで

コミュニティ社会

掲載号:2020年10月1日号

  • LINE
  • hatena
第3回の実験で運行したオンデマンドバス
第3回の実験で運行したオンデマンドバス

 若葉台を中心に行われてきた「オンデマンドバス」実証実験の4回目が、本日10月1日から始まる。今回はバスとしてのサービスに、買い物代行と子どもの送迎も初めて追加。誰もが住みたい・住み続けたいと思えるまちの実現に向け、地域住民のニーズを探りながら本格運行を目指していく。

 時刻表やルートを持たずに、利用者のニーズに合わせて運行するオンデマンドバス。このバスの導入に向けた実証実験が、昨年3月から期間を分けて若葉台周辺で3回行われてきた。実験は一般財団法人若葉台まちづくりセンターやモネ・テクノロジーズ株式会社などの協力で、1回目は人数を絞ったモニターを対象に1週間、その後は対象を広げて1〜2カ月にわたって実施。1日あたりの平均乗車数は2回目で31人、3回目には61人となり、少しずつ広がりを見せている。

実績踏まえ新サービス

 今回はこれまでのバスとしての利用に、買い物代行と子どもの送迎サービスも追加。若葉台地区でコミュニティバス「わかば号」を運行する株式会社みつばコミュニティが実施主体となり、新たなサービスを提供する。

 買い物代行は過去3回の実験で朝と夕方の利用が多い結果が出たことから、比較的利用が少ない日中の時間を活用。若葉台団地及び近隣地域の居住者を対象に、専門スタッフが買い物を代行して自宅へ商品を届ける。

 また、過去に利用してきた保護者らからの要望に応え、バスの一人での利用を18歳以上から小学生以上に変更。さらに、地区内のオーセルわかば幼稚園とプレスクール若葉幼稚園に通園中の人を対象に、16時半から19時半の間で延長保育を想定した送迎も受け付ける。

 期間は10月30日(金)までの平日。若葉台団地居住者が中心だが、近隣エリアでも利用可能。サービス料は無料で、オンデマンドバスは専用アプリやWEB、買い物代行と子どもの送迎は電話で予約が必要となる。「多くの方に利用していただき、ご意見をお寄せください」と若葉台まちづくりセンターの担当者。詳細は同センター【電話】045・921・3361へ。
 

旭区版のトップニュース最新6

ハンガリー大使訪れ大会

旭区サッカー協会

ハンガリー大使訪れ大会 社会

コロナ禍で2年ぶり

12月2日号

旧規格消火器は交換を

旧規格消火器は交換を 社会

年内期限、事故の恐れも

12月2日号

地域と歩んだ半世紀

上白根中

地域と歩んだ半世紀 教育

23年の統合前に節目祝う

11月25日号

ステージのみ2月開催へ

旭区区民まつり

ステージのみ2月開催へ 文化

有観客で生配信も予定

11月25日号

コロナ禍の育児支援模索

あさひ子育て保育園ひろば

コロナ禍の育児支援模索 社会

遊びなど動画配信

11月18日号

IR推進費、11月清算へ

横浜市

IR推進費、11月清算へ 社会

8割執行見込も減額調整

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook