旭区版 掲載号:2021年2月11日号 エリアトップへ

さちが丘 "蔵さくら"が保存へ前進 地元造園業者ら協力

社会

掲載号:2021年2月11日号

  • LINE
  • hatena
重機を使い、約5tの蔵さくらの株が運び出された
重機を使い、約5tの蔵さくらの株が運び出された

 宅地開発で伐採された、さちが丘の”蔵さくら”と呼ばれる大樹。「桜を残したい」と考える「蔵さくら移植・再生を願う会」(西村直子代表)の活動に開発業者や地元造園業者の櫻井造園土木(株)(笹野台・櫻井秀則社長)が協力し、移植に向け動き出した。

 蔵さくらは二俣川駅北口から二俣川小学校方面の丘を上がった先の住宅街の一角の民有地にあり、地域住民らに愛されてきた。宅地開発に伴い伐採されることを知った西村さんらは「蔵さくら保全会」を結成。署名活動を通し、保全に向けた活動を行ってきた。しかし、計画は進み昨年9月、蔵さくらは伐採された。その後「蔵さくらに感謝の気持ちを伝えたい」という住民らの思いと、開発を行う三井不動産レジデンシャル(株)の協力もあり昨年11月21日、保全会主催で「お別れ会」を実施。活動にも一区切りが付けられた。

 転機は12月上旬。三井不動産レジデンシャルから「移植するのであれば協力します」と連絡があったこと。また、蔵さくらの掘り出しや移植作業に、西村さんと以前から知り合いだった櫻井造園土木のボランティアでの協力が得られることになり、移植へ動き出した。会は新たに「移植・再生を願う会」として再始動。今年1月14日、同会・横浜市環境創造局・三井不動産レジデンシャル・櫻井造園土木らの関係者が話し合い、移植・再生の方向で合意が得られた。西村さんは「自分ができることを続け、まずは移植が決まりよかった。移植先で、より多くの人に楽しんでもらえれば」と話す。

移植先は検討中

 掘り出しが行われたのは2月5日。切り株となって残っていた蔵さくらが重機を使い掘り出された。株は仮の移植場所の櫻井造園土木が所有する圃場(ほじょう)に移され、再生に向け維持・管理される。しかし、伐採時に移植を前提とした処置が施されていないため、再生させるのは簡単ではないという。また、再生後の移植先はまだ未定で、現在、検討されている。櫻井社長は「地域の皆さんの桜を思う気持ちはとても強い。地元の造園業者としてできることを協力したいと思った」と話す。
 

旭区版のトップニュース最新6

今年も開催断念

横浜旭ジャズまつり

今年も開催断念 文化

「中止ではなく“延期”」

5月13日号

大型バス用い「危険」を体感

はまっ子交通あんぜん教室

大型バス用い「危険」を体感 教育

市内小学校で初めて

5月13日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

入選作品18点決まる

旭区花・緑フォトコン

入選作品18点決まる 文化

区内で撮影した118点

5月7日号

二俣川郵便局が移転

二俣川郵便局が移転 社会

駅直結で利便性向上

4月29日号

「地域サロン」合同で企画

今宿「ケアプラ」「地区セン」

「地域サロン」合同で企画 コミュニティ社会

住民の新たな交流拠点に

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter