旭区版 掲載号:2021年6月10日号 エリアトップへ

SEISA打鼓音 全国7人制選手権で優勝 結成わずか2カ月の快挙

文化

掲載号:2021年6月10日号

  • LINE
  • hatena
選抜された7人のメンバーで挑んだ
選抜された7人のメンバーで挑んだ

 星槎高校=若葉台=を拠点に活動する創作和太鼓集団 打鼓音の次世代チーム「SEISA打鼓音」が、5月30日に開かれた全国7人制和太鼓選手権大会一般の部で優勝した。結成2カ月ながら息の合った演奏で魅了した。

 SEISA打鼓音は、若手太鼓打ちを育成するため今年4月に結成された新チーム。打鼓音ジュニアなどから選抜された、中学3年生から社会人までの20人が所属している。全国7人制和太鼓選手権大会には、選ばれた7人のメンバー(野口⻁⾥さん、佐藤聖さん、杉浦拓真さん、坂本悠菜さん、近藤康介さん、柏崎叶多さん、野崎姫愛さん)で臨んだ。

 同選手権には全国各地から60以上の強豪チームが参加。動画選考の予選を経て選出された上位8チームが本選へと駒を進めた。SEISA打鼓音はコロナ禍にある人々を元気づけたいと、東日本大震災の年に作った応援曲「弾打」を演奏して無病息災の祈りを込めた。勝敗を握る特別審査員と来場者の投票で、同チームは2位を2倍近い得票差で離し勝利した。

コロナ禍での練習模索

 選手権のための練習は新型コロナの影響をもろに受けた。昇降口内で活動するため演奏時には毛布を掛けたり、動画配信も活用して自宅練習できるようにしたり練習方法を模索。指導には、世界一や3度にわたり日本一の座に輝いてきた打鼓音の先輩たちがあたった。

 渡邊晃伸代表は「和太鼓は30人くらいで出演することが多いので、7人制はバランスが取りづらいがベストな演奏ができた。太鼓のバチが折れるほどの迫力だった」と話した。出演したメンバーは「息を合わせるためアイコンタクトや掛け声などに気を配った。本番は練習以上の成果が出せた」と喜びを語った。

 同チームは今後も関東大会や東日本大会などに出場予定。日本一を目指して練習に励んでいく。
 

旭区版のトップニュース最新6

2年ぶりの「夜の動物園」

ズーラシア

2年ぶりの「夜の動物園」 文化

ライトアップや夜市も

7月22日号

HP(ホームページ)開設で活性化目指す

鶴ヶ峰ロイヤルマート

HP(ホームページ)開設で活性化目指す 経済

時代の流れに応じて変化

7月22日号

倒産件数、上半期は大幅減

倒産件数、上半期は大幅減 文化

特別融資、支援金が下支え

7月15日号

強豪破り9年ぶり全国へ

横浜旭ヤングベースボールクラブ

強豪破り9年ぶり全国へ スポーツ

7月24日から兵庫で熱戦

7月15日号

新移動手段の実証実験

若葉台団地

新移動手段の実証実験 社会

全国初 歩道含む公道走行

7月8日号

旭区推進協議会が発足

横浜国際園芸博覧会

旭区推進協議会が発足 社会

2027年開催へ機運醸成

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter