旭区版 掲載号:2021年8月12日号 エリアトップへ

神奈川県立がんセンターの病院長を務める 金森 平和(へいわ)さん 港南区在住 64歳

掲載号:2021年8月12日号

  • LINE
  • hatena

県民に最良の医療を

 ○…「がん患者の専門病院として高度の医療、最良の医療を県民にお届けする」と病院長としての思いを口にする。重視しているのはコミュニケーションとホスピタリティ。「医療が高度になっても、結局は人と人とのつながり」。職員間の良い連携が「患者に、より良い医療を提供できることにつながる」

 ○…生まれは山梨県大月市。高校までを地元で過ごした。「工学部で建築を学ぼうと思っていたんです」。大学進学の際、先に合格していた東京工業大学に進む予定だった。しかし、母の乳がん罹患をきっかけに、急きょ、医学の道を志し弘前大学へ。「行ってみたら、とんでもなく寒いところだった」と笑顔で振り返る。

 ○…「東北新幹線で遠距離恋愛していた」という、中高の同級生で薬剤師の妻とは大学卒業後すぐに結婚した。社会人の第一歩は、地元山梨の病院。すでに製薬会社で働いていた妻も転職し、同じ病院の薬局に勤めた。その後、学生時代から関心のあった「血液学をやりたい」との思いで、横浜市立大学病院へ。関連病院であるがんセンターで2年勤務し、骨髄移植などを学び「そこで血液がんに目覚めました」

 ○…趣味は読書と旅行。「学会を含め、14カ国を訪れましたね」。思い出深いのは40歳の頃、妻・娘・息子と行ったハワイ旅行。「お医者さまはいませんか?」。機内でドラマであるような場面に遭遇した。「お礼は航空会社の記念品だったかな」。サプライズは帰路に。空港に着くと「ファーストクラスが用意されていて、子どもたちに『お父さんすごい』って言われてね」と懐かしむ。今はコロナ禍で様々な制限があるが、「コロナ以前の平穏な生活」を願いこれからも医療の現場をけん引する。

旭区版の人物風土記最新6

及川 伊東志さん

神奈川の名工と称される「神奈川県卓越技能者」に選ばれた和裁士で、県和服裁縫協同組合の理事長

及川 伊東志さん

白根在住 66歳

11月25日号

菅原 康太さん

左近山団地で住民対象の撮影会「左近山とわたし」を開催している写真家

菅原 康太さん

栄区在住 40歳

11月18日号

青木 保潔(やすゆき)さん

(公財)日本補助犬協会の理事で、盲導犬ユーザーでもある

青木 保潔(やすゆき)さん

矢指町在住 58歳

11月11日号

新川(にっかわ) 敬一さん

「かながわFARM21発表会」農業青年主張の部で県知事賞を受賞した

新川(にっかわ) 敬一さん

今宿南町在住 29歳

11月4日号

沼田 真一さん

「あさひブックデイ」を主催する旭区まちづくりポットの代表を務める

沼田 真一さん

鶴ヶ峰在住 43歳

10月28日号

岩崎 泉さん

「ようちえんカフェ&マルシェ」を主催する上白根幼稚園の園長

岩崎 泉さん

上白根在住 64歳

10月14日号

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook