旭区版 掲載号:2021年10月7日号 エリアトップへ

B3リーグ所属のプロバスケットボールクラブ「横浜エクセレンス」のヘッドコーチを務める 石田 剛規さん 藤沢市在住 39歳

掲載号:2021年10月7日号

  • LINE
  • hatena

横浜で新たな挑戦

 ○…新ホームアリーナとなった横浜武道館で10月に開幕戦を迎えたバスケ・B3の「横浜エクセレンス(EX)」。プロスポーツが盛んな横浜でその名を背負い、プレーできる喜びと責務を選手と共有し「応援しがいのあるチームにしていきたい」と勝利を目指す。

 ○…茨城県出身。「サッカーよりやっている友達が多かったから」と小4でバスケを始めた。中高と部活で続け、慶応義塾大のバスケットボール部へ。学生時代は西区に住み、建築の授業でみなとみらいのビルや美術館を見に訪れた。街づくりや空間デザインに興味を持ち、建築家の夢と悩みながら文武両道を貫く中、大学3年の時にトップの実業団チームから誘いを受け「100%バスケに集中し、どこまでできるか挑戦しよう」と卒業後に入団。しかし1年目に膝に大けがを負い4年間思うようなプレーができなかったことから、26歳で引退した。

 ○…全国を回って子どもにバスケを教え、ドラマで役者にバスケ指導したのがきっかけで俳優デビューするなど、好奇心が赴くまま新しいことに挑戦し続けた。バスケの楽しさを再確認し、2年で現役復帰。選手として千葉ジェッツやEXのプロ化に携わり、34歳でHC(ヘッドコーチ)に。今季のメンバーは「23歳から43歳まで個性的な選手ばかり。”推し”の選手をぜひ見つけて欲しい」とアピール。「選手の魅力を最大限に引き出せるよう采配したい」と意気込む。

 ○…3歳になる愛娘の話になると途端に表情が緩む。自宅のある藤沢市を拠点にした3人制バスケ・湘南サンズのオーナーも務め、スポーツを通じた地域貢献活動にも尽力。「商店街訪問や子どものバスケ教室、SNSなど、横浜の人たちとも様々な形で交流ができたら」と笑顔を見せた。

あさひ区民利用施設協会

スタッフ大募集!2022年1月5日応募用紙必着。045・360・3636

http://www.asahikushisetsukyoukai.jp/

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

13歳

12月9日号

及川 伊東志さん

神奈川の名工と称される「神奈川県卓越技能者」に選ばれた和裁士で、県和服裁縫協同組合の理事長

及川 伊東志さん

白根在住 66歳

11月25日号

菅原 康太さん

左近山団地で住民対象の撮影会「左近山とわたし」を開催している写真家

菅原 康太さん

栄区在住 40歳

11月18日号

青木 保潔(やすゆき)さん

(公財)日本補助犬協会の理事で、盲導犬ユーザーでもある

青木 保潔(やすゆき)さん

矢指町在住 58歳

11月11日号

新川(にっかわ) 敬一さん

「かながわFARM21発表会」農業青年主張の部で県知事賞を受賞した

新川(にっかわ) 敬一さん

今宿南町在住 29歳

11月4日号

沼田 真一さん

「あさひブックデイ」を主催する旭区まちづくりポットの代表を務める

沼田 真一さん

鶴ヶ峰在住 43歳

10月28日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook