旭区版 掲載号:2021年11月4日号 エリアトップへ

衆議院選挙神奈川6区 自民・古川氏が初当選 立憲・青柳氏は比例で復活

政治

掲載号:2021年11月4日号

  • LINE
  • hatena
支援者とともに初当選を喜ぶ古川氏
支援者とともに初当選を喜ぶ古川氏

 「第49回衆議院議員総選挙」が10月31日投開票され、神奈川6区(旭区・保土ケ谷区)では自民党の新人・古川直季氏(53)が9万2405票を獲得し、立憲民主党の前職・青柳陽一郎氏(52)を下し、初当選を果たした。青柳氏は比例で復活当選、2017年秋の前回選挙で比例区で当選していた日本維新の会の前職・串田誠一氏(63)は議席獲得に至らなかった。

 これまで自公協力を行い公明党候補が擁立されてきた6区。当初、今回の衆院選でも擁立が決まっていた公明党の立候補予定者が、コロナ禍の緊急事態宣言が発令される中、東京・銀座のクラブ訪問が発覚したことで議員を辞職。その後、公明党が候補擁立を断念したことで事態は一変。自民党が現職の横浜市会議員だった古川氏を擁立し、前回選挙で初めての小選挙区を制し4度目の当選を目指した青柳氏との事実上の一騎打ちの構図となった。「横一線」の情勢分析もあり、両陣営とも党幹部らを応援弁士として投入。「コロナ対策」や「経済再生」などを訴える古川氏に対し、青柳氏は「格差の是正」や「暮らしの底上げ」などを訴えた。

「市議の経験を国政へ」

 多くの支援者が駆け付けた古川事務所。日付が変わった1日0時30分ごろ、テレビの開票速報で「当確」が出ると事務所内は大きな歓声と拍手に包まれた。支援者の前に姿を現した古川氏は「学生ボランティアや支援者の皆様のご支援に、改めて感謝申し上げます。これまでの市会議員の経験を国政に生かしていきたい」と喜びの言葉を口にした。

「私の力不足」

 小選挙区で古川氏に4525票及ばなかった青柳氏は、40人ほどの支援者を前に「小選挙区で敗れ責任を痛感している。お詫びを申し上げたい。こうした結果になってしまったのは私の力不足。この4年間の活動をもう一度見つめ直し、ゼロから再出発をさせていただきたい」と話した。その後、比例区での復活が決まり、「比例での議席をいただきましたので、与えられた役割を果たすべくしっかりと活動していきたい」と述べた。

 6区の投票率は55・88%(旭区56・11%、保土ケ谷区55・60%)、2017年に行われた前回選挙を3・49ポイント(旭区3・44、保土ケ谷区3・54)上回る結果となった。

敗戦の弁を述べる青柳氏
敗戦の弁を述べる青柳氏

旭区版のトップニュース最新6

県・関東大会を制覇

横浜商科大高フェンシング部

県・関東大会を制覇 スポーツ

目指すは「インハイ」優勝

6月23日号

ギター全国大会で1、2位

白川きょうだい(さちが丘小)

ギター全国大会で1、2位 文化

“音楽を捉える力”が評価

6月23日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 社会

市、若年層啓発に注力

6月23日号

運動会代わりに「ダンス」

都岡小

運動会代わりに「ダンス」 社会

校舎建替工事で会場工夫

6月16日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月16日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 社会

市長公約「ゼロ」明示せず

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook