旭区版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

旭リトルリーグ 秋季神奈川大会で優勝 投手力と走塁力で制す

スポーツ

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena
勝利を喜ぶ旭リトルリーグのメンバーたち
勝利を喜ぶ旭リトルリーグのメンバーたち

 都岡町のグラウンドを拠点に活動する旭区硬式少年野球チーム「旭リトルリーグ」(島田貴之メジャー監督・高子兼三キャプテン)が、「2021年度秋季インターミディエット野球神奈川連盟大会」に出場し優勝した。投手力と相手の隙を突く走塁で、神奈川県下10チームの頂点に立つ快挙を成し遂げた。

 同大会は昨年11月から12月にかけトーナメント形式で行われた。旭リトルリーグは初戦の序盤から順調に点を重ね、藤沢リトルリーグを11対1で下した。山場となった2回戦は過去に悔し涙を飲んだことのある横浜中央リトルリーグとの一戦。5回裏2アウト2塁で迎えた打席で中村颯汰さん(小6)がタイムリースリーベースヒットを放ち、1対0で接戦をものにした。準決勝戦は茅ヶ崎リトルリーグ、決勝戦は青葉緑東リトルリーグと対戦。2戦とも初回から点数を積み上げて、準決勝戦は5対1、決勝戦は9対3で勝利した。

 島田監督は優勝の理由を「投手力と走塁で勝ち取った」と振り返る。全試合とも1日に2試合を行うダブルヘッダーで行われ投手の投球制限がある中、高子キャプテン(小6)と勝田陵聖さん(小5)が1回戦・準決勝戦を、エースの細谷恒希さん(小6)と小林勇翔さん(小6)が2回戦と決勝戦を担当。「素晴らしいピッチングと、相手の隙を付く走塁で点を取り、選手たちのポテンシャルに驚いた。今後はバッティングを強化して挑みたい」と話した。

 高子キャプテンは「優勝できて嬉しかったし、失点しなかったのが良かったと思う。試合で打てなかったので打撃練習に力を入れたい」と意気込みを語った。

 今年4月に創立50年を迎える旭リトルリーグは現在、小学6年生から中学1年生までが属するメジャーに13人、小学3年生から5年生までのマイナーに10人、小学2年生以下のジュニアに6人が所属。今大会にはメジャー選手が参加した。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

女子サッカー部を設立

旭高校

女子サッカー部を設立 スポーツ

部員3人から大会目指す

5月19日号

27年開催へ機運醸成

横浜国際園芸博旭区協議会

27年開催へ機運醸成 社会

コロナ禍で1年ぶり

5月19日号

今夏、3年ぶり開催へ

横浜旭ジャズまつり

今夏、3年ぶり開催へ 文化

5月22日にプレイベント

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

被害額が2250万円増

特殊詐欺被害 1−3月期

被害額が2250万円増 社会

「カード不正利用」騙り電話

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook