神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
旭区版 公開:2022年9月15日 エリアトップへ

横浜鶴ヶ峰病院の病院長を務める 武藤 治さん 都筑区在住 45歳

公開:2022年9月15日

  • LINE
  • hatena

時代を見据え取り組む

 ○…「真の意味で地域に開かれた病院をつくり上げることに尽力していきたい」。改めて、病院長としての思いを口にする。これまでの「病院で待っている医療」だけではなく、「訪問、看護、講演など、これからは地域の皆さんの所へ行く医療にも取り組みたい」と意気込みを語る。

 ○…小田原生まれの逗子育ち。小学生のころは地域で盛んだったソフトボールに熱中していた。「スポーツは好きだけど、上手い子には勝てない」と考え、そのころから「それならスポーツ選手を治す人になりたい」と早くも医師の夢を持つように。小学校を卒業後、神奈川区にある中高一貫の名門男子校・浅野中学高校へ。「本当は野球部に入ろうと思っていたんだけど」。6年間所属したのは柔道部。「顧問だった、担任の先生に誘われてね」。厳しい練習の毎日に「どこで手を抜くかを考えていた」と冗談交じりに話す。

 ○…高校3年生の夏まで部活を続け、そこからは受験勉強に集中。「医者になりたい」。幼いころに抱いた夢がかない、順天堂大学に合格した。学生生活で思い出に残るのは「1年生の時の寮生活」。スポーツ推薦で入学した同級生たちも多く、「トップアスリートたちのプロ意識に刺激を受けました」。国家試験を乗り越えられたのも「共に支え合う仲間がいたから」と懐かしむ。

 ○…妻と息子3人の5人家族。週末は小学3年生の息子も所属する野球チームの監督を務める。「上の息子の時から6年ぐらい練習を見に行っていたら、『監督に』と誘われてね」と笑顔を見せる。病院も野球も「時代に合った、それと少し先取った指導や取り組みが大事ですね」。忙しい日々が続く中、病院長と監督の”二刀流”で突き進んでいく。

旭区・瀬谷区版の人物風土記最新6

福嶋 隆太郎さん

5月に横浜建設業協会の会長に就任した

福嶋 隆太郎さん

戸塚区在住 55歳

7月11日

種子田(たねだ) 太郎さん

旭消防署長を務める

種子田(たねだ) 太郎さん

鶴見区在住 56歳

7月4日

細川 直樹さん

瀬谷消防署長を務める

細川 直樹さん

旭区在住 55歳

6月27日

小野木 富江さん

いけ花展お茶会を開いたあさひ茶花道協会の会長を務める

小野木 富江さん

旭区在住 84歳

6月13日

加藤 正信さん

開館40周年を迎えた白根地区センターの館長を務める

加藤 正信さん

旭区白根在勤 61歳

6月6日

西 奎亮(けいすけ)さん

改築された細谷戸駐在所(瀬谷区)の駐在員として勤務している

西 奎亮(けいすけ)さん

瀬谷区瀬谷町在勤 28歳

5月30日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

旭区・瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

旭区・瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook