神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
旭区版 公開:2024年3月28日 エリアトップへ

国際園芸博覧会 公式マスコットが決定 自然の感情を伝える精霊

社会

公開:2024年3月28日

  • X
  • LINE
  • hatena
発表された公式マスコットと制作者の牧野さん(右)、アンバサダーの芦田さんと森本副委員長
発表された公式マスコットと制作者の牧野さん(右)、アンバサダーの芦田さんと森本副委員長

 旧上瀬谷通信施設で開かれる国際園芸博覧会(GREEN×EXPO 2027)の公式マスコットキャラクターが3月19日に発表された。映像・アートディレクターの牧野惇(あつし)さんがデザインしたもので、「自然や地球との新たな関係を育むコミュニケーター」として活躍していく。

 地球のような姿をしている公式マスコットは植物や生き物の力、気持ちを感じ取り人間に伝える「精霊」。自然の感情を分かりやすく伝えられるようにと、中央の核はハートの形をしている。地球がきれいだとうれしくなり花を咲かせ、汚れていると悲しくなって元気がなくなるという。

 (公社)2027年国際園芸博覧会協会ではマスコット選定にあたり、指名コンペティションや知的財産権関連調査などを実施。最終候補3点に関する市民意見募集の結果も踏まえて、牧野さんの作品を選んだ。

 発表会は園芸博の開催3年前に合わせて都内で行われた。「選ばれて驚きました。大変光栄です」と牧野さん。「植物や自然の感情が可視化され、私たちに伝わるようなキャラクターを目指しました」とデザインに込めた想いも説明した。俳優で公式アンバサダーの芦田愛菜さんはマスコットについて、「私たちが地球の未来を考えるきっかけを与えてくれます」とコメント。選考委員会の森本千絵副委員長は「なかのハートが喜んでくれるように、自然を大切にしたいと思えるマスコット。選考委員全員が賛成できるデザインでした」と称えた。

名前を募集

 同協会では4月8日(月)正午までマスコットの名前を募集している。年齢や経歴などに関係なく応募でき、最優秀作品には賞金30万円が贈られる。応募は専用サイト(https://expo2027yokohama -name.jp/)から。

企業向けフォーラムも

 19日は民間企業などを対象とした共創フォーラムも同時開催され、推進組織「GREEN×EXPOラボ」のチェアパーソンで造園家の涌井史郎さんと芦田さんのトークイベントが行われた。

旭区・瀬谷区版のトップニュース最新6

森ラボ(旭区)が受賞

横浜・人・まち・デザイン賞

森ラボ(旭区)が受賞

地域住民と芸術作品制作

4月11日

「居場所」担い20年

親子のひろばまんま(瀬谷区)

「居場所」担い20年

25日から周年行事

4月11日

大使館関係者が現地視察

国際園芸博覧会

大使館関係者が現地視察

協会や国交省、出展促す

4月4日

小型車の自動運転を検証

相鉄バス

小型車の自動運転を検証

ズーラシアで5日まで

4月4日

公式マスコットが決定

国際園芸博覧会

公式マスコットが決定

自然の感情を伝える精霊

3月28日

子宮頸がん対策に新検診

横浜市

子宮頸がん対策に新検診

HPV検査導入へ

3月28日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月4日0:00更新

  • 7月20日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

旭区・瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook