瀬谷区版 掲載号:2011年6月30日号
  • googleplus
  • LINE

削減量は13・4% 県下一斉「節電チャレンジ」

 電力使用量を昨年同日比で15%削減しようという「節電チャレンジ」が6月22日、県下一斉に実施された。結果は即日発表され、削減量は13・4%だった。

 産官民一体となって節電意識を高めようと、横浜市や神奈川県の主導で行なわれた今回の社会実験。横浜市役所では、昼食時間を1時間遅くする「ランチシフト」や消灯の徹底などで消費電力を44・8%削減した。

 東洋電機製造(株)横浜製作所(金沢区)では、自社製のデマンド監視装置の導入で73%削減に成功するなど、官民を挙げた取り組みが実施された。

 横浜市温暖化対策統括本部では「昨年より3度以上も気温が高い中、13%の削減が出来たことに、一定の手応えを感じている。今後はより多くの人に節電を呼びかけたい」と話している。
 

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク