瀬谷区版 掲載号:2011年8月25日号
  • googleplus
  • LINE

地域の要は製糸 明治〜昭和に繁栄

現存の門の前で川口製糸経営者だった祖父、父の思い出を話す川口恭正氏
現存の門の前で川口製糸経営者だった祖父、父の思い出を話す川口恭正氏

 本郷地区周辺は桑の栽培に適した土地で、かつて養蚕業が栄えた。

 明治〜昭和初期にかけて付近に製糸工場が建ち並び、製糸業が盛んに。中でも、「本郷館製糸場」は周辺の製糸場で最も長く稼働。大正時代に川口製糸株式会社と名前を改めた後、1960年頃まで製造を続けていた。

 同製糸の品質は国内でもトップクラス。製品は全てアメリカへ輸出していたほどだった。

 地域の人たちが働き、地域の原料を使って糸をつくり、企業が繁盛する。製糸場は地域活性化の相乗効果をもたらしていた。

 最盛期、従業員200人を超え、全員が製糸場内の寄宿舎で生活。場内は広大で、商売繁盛の神を祀った稲荷神社や畑、スポーツ施設、女性従業員がマナーや教養を勉強する学校もあったという。

 現在も、本郷一丁目の川口邸には、製糸場の門が残されている。
 

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク