瀬谷区版 掲載号:2011年9月1日号
  • googleplus
  • LINE

段ボールベッド供給協定 瀬谷区が政令市で初 避難所の住環境向上と健康被害防止が狙い

社会

段ボールベットに腰掛ける岩本社長(左)、外ノ池区長(中央)、段ボールベッドを開発したJパックス(株)の水谷代表取締役
段ボールベットに腰掛ける岩本社長(左)、外ノ池区長(中央)、段ボールベッドを開発したJパックス(株)の水谷代表取締役

 瀬谷区は段ボール製品などを製造するセッツカートン(株)(大阪府・岩本英昭取締役社長)と8月23日、災害発生時に避難所で使用する段ボール製簡易ベッドなどの支援協力に関する協定を結んだ。大規模震災時の避難所生活の住環境改善や、健康被害防止が狙い。政令指定都市の中で同社と協定を締結するのは瀬谷区が初めて。

 これまでの避難所は床にビニールシートを敷くだけという劣悪な環境だったが、今回の協定により、全国14カ所に工場を置くセッツカートン(株)と協力関係を築き、震災後72時間以内に簡易段ボールベッドや段ボール性のパーティションなどを供給、避難所での避難者の健康やプライバシーを保つことができるようにする。締結式には外ノ池浩志瀬谷区長と同社の岩本社長のほか、段ボールベッドを考案したJパックス(株)の水谷嘉浩代表取締役、段ボール製造業界大手のレンゴー(株)の代表者らが参加した。

 外ノ池区長は「本来は横浜市として協定を結ぶべきところだが、段ボールベッドの話を聞いた時に早急な決断が必要と感じた。瀬谷区をモデルに横浜市、神奈川県とどんどん広げていく必要がある」と話した。

健康守る段ボールベッド

 段ボールベッドは縦2m、横90cm、高さ35cm。6組の段ボールを並べて作られ、上からの約9・5tの衝撃にも耐えられるという。汚れや破損してもその部分を交換するだけで修復可能。地面から30cm以上高くなっていることで、避難所で舞うほこりや粉塵による咳や喘息を軽減したり、足の静脈に血栓ができるエコノミークラス症候群から被災者を守れるという。

 4tトラック1台で160台分のベッドを運送できるなど、スペースを必要としないことも魅力で、既に東日本大震災の被災地では同社の段ボールベッドが2600台使用されている。

 岩本社長は「東日本大震災の避難所生活では、健康被害で多くの人が亡くなった。そうした人を少しでも減らすため、全国に拠点を置くレンゴーグループとして津々浦々に段ボールベッドを提供してお役に立ちたい」と話した。
 

瀬谷区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

7年ぶり全国で「攻める」

瀬谷リトルシニア

7年ぶり全国で「攻める」

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

3月12日に開通へ

瀬谷団地連絡道路

3月12日に開通へ

3月8日号

「じゃんぼかるた」で対決

瀬谷スポーツセンター

「じゃんぼかるた」で対決

3月1日号

仏料理大会で世界2位

工藤雅克さん(二ツ橋町)

仏料理大会で世界2位

3月1日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク