瀬谷区版 掲載号:2011年9月22日号
  • googleplus
  • LINE

知的障害バスケ 白川原さん世界大会へ 若さで「がむしゃらに」挑む

スポーツ

明るい笑顔で先輩選手にも親しまれる白川原さん
明るい笑顔で先輩選手にも親しまれる白川原さん

 二つ橋高等特別支援学校に通う白川原飛鳥さん(3年)が、FID(知的障害)バスケットボール日本女子代表選手に選ばれ、9月26日からイタリアで開幕するINAS(国際知的障害者スポーツ連盟)グローバル競技大会に出場する。

 この大会は2年に一度開催される、知的障害のスポーツ選手にとって最高峰の世界大会。白川原さんが出場するバスケットボールなど、公式7競技が行われる。

 白川原さんは高校生ながらFIDバスケ県選抜チームに加わり、全国優勝などに貢献。日本代表候補の強化合宿にも参加し、社会人に交じって活躍してきた。

 ポジションは主にフォワード。個人でも得点を稼げる攻撃力と、瞬時に判断する多彩なパスが持ち味だ。現在は代表チームや社会人チームでの練習と学校の部活動を両立し、バスケ漬けの毎日で技術を高めている。

 候補選手の中から日本代表に選ばれるのは今回が初で、フレッシュな選手として「失敗してもがむしゃらにやるだけ。状況に合わせてしっかりパスを回していけたら」と話し、「外国の選手と初めて対戦する。最後まで諦めずに頑張りたい」と、力強く意気込んでいる。

「今を精一杯頑張って」

 「バスケをやってくれて良かった」。娘の飛鳥さんを見守り、障害の苦悩や困難を一緒に乗り越えてきた母・純子さん。「私も飛鳥も、スポーツを通じて世界が広がった」と、今では穏やかに振り返る。

 飛鳥さんは、顔全体に手術が必要な状態で出生。「ショックだった」。数年に渡って手術を受けなければならず、幼児期には知的障害も見つかった。

 「一人遊びが多く、(障害が)団体競技に向かないと言われたこともあったので、バスケができるのか不思議だった」。顔の矯正手術を受ける中、ミニバスをやっていた兄の影響で、小学3年生で自身もチームのメンバーに。素直で負けず嫌いな飛鳥さんは、人一倍の情熱を持ち、真っ直ぐにバスケに打ち込んでいった。

 中学では個別支援級に通いながら、3年間バスケ部に在籍、走り込みや自宅での筋トレなど体力作りに励んだ。

 バスケを続けるうち、障害のことでチームメートに強く当たられることもあったが、その度に家族のほか、先輩や同級生、コーチ、顧問の教諭らのサポートが。純子さんは「バスケを通じ、人とのつながりに救われてきた」ことを痛切に感じたという。

 高校1年生の夏、5回に渡った顔の矯正手術が終わった。以降の活躍には、「健康で元気はつらつ頑張っていて、本当に嬉しい」。

 飛鳥さんは「仕事をしながらバスケを続けたい」と、就労実習で多忙な中、世界大会や高校生最後のバスケ部の大会に向けても練習する。「今しかできないことを元気にやってほしい。そのために精一杯サポートしていきたい」。純子さんは温かい眼差しで話していた。
 

瀬谷区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

7年ぶり全国で「攻める」

瀬谷リトルシニア

7年ぶり全国で「攻める」

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

3月12日に開通へ

瀬谷団地連絡道路

3月12日に開通へ

3月8日号

「じゃんぼかるた」で対決

瀬谷スポーツセンター

「じゃんぼかるた」で対決

3月1日号

仏料理大会で世界2位

工藤雅克さん(二ツ橋町)

仏料理大会で世界2位

3月1日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク