瀬谷区版 掲載号:2013年3月28日号
  • googleplus
  • LINE

瀬谷区 就労支援窓口を開設 生活保護受給者減少に期待

社会

ジョブスポットは区庁舎(上)4階に開設される
ジョブスポットは区庁舎(上)4階に開設される

 横浜市は昨年11月、生活保護受給者等が公共職業安定所(ハローワーク)の職業紹介サービスを区役所で受けられるよう、国に提案していた。2月に市と労働局とで協定が締結され、瀬谷区を含む3区で4月15日から就労支援窓口「ジョブスポット」が開設されることになった。

 新しくジョブスポットが開設されるのは瀬谷区のほか、鶴見区と中区。ハローワークは現在、中区・港北区・金沢区・戸塚区と川崎市川崎区の5カ所(出張所は除く)で市内18区をカバーしている。利用者の中には電車やバスを乗り継いで1時間以上かかるケースも。求職者、中でも生活保護受給者には交通費の負担もあり、足が遠のくことも多かった。瀬谷区は人口に対する生活保護受給者の数が市で3番目に多く、戸塚ハローワークへの便が悪いこともあり、ジョブスポット開設地に選ばれたようだ。

 ジョブスポットは市庁舎4階の来庁者一時託児スペース「にこにこKID’Sルーム」があった場所に設置される。ハローワークの職業相談員と瀬谷区福祉保健センター保護課の就労支援専門員が一体となり就労支援を行う。支援の対象となるのは瀬谷区在住の生活保護受給者と住宅手当受給者、児童扶養手当受給者等。今年の夏には求人情報端末機も設置される予定だ。ただし今のところ、一般の求人者は窓口や端末機を使用できる見込みはない。

 瀬谷区の生活保護受給者は2288世帯、3777人(2月末現在)。その中で支援をすれば就職可能な就労支援プログラムに選定されている人は395人(同)。そのうち165人(同)が今年度、支援により就職を決めた。今までは就労支援専門員やケースワーカーがチラシや専門誌を使って求人先を探し、時には生活保護受給者らに同行しハローワークで情報の検索や職業紹介を行っていた。ジョブスポットが開設されることで身近な区役所で就労支援の提供ができ、福祉から就労まで一環した支援が可能となる。瀬谷区福祉保健センター担当者は「就労支援事業のサービスの向上と就労者の増加に期待したい」と話している。
 

皆さんご参加ください。

瀬谷区には153の自治会・町内会があります。

http://www.city.yokohama.lg.jp/seya/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

外国人に「災害予防」を啓発

区制50周年へ始動

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月22日号

籐細工が「光明」、喜びに

相澤豊幸さん(阿久和南)

籐細工が「光明」、喜びに

3月22日号

公共施設の「多目的化」推進へ

7年ぶり全国で「攻める」

瀬谷リトルシニア

7年ぶり全国で「攻める」

3月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク