瀬谷区版 掲載号:2013年9月26日号
  • googleplus
  • LINE

夏の高校野球優勝監督に聞く 「9度目の正直」で横浜下す 前橋育英高荒井直樹監督の原点

日大藤沢高卒、いすゞ自動車で13年間プレー。日藤監督3年の後、前橋育英のコーチ3年を経て02年から監督。同校事務職員
日大藤沢高卒、いすゞ自動車で13年間プレー。日藤監督3年の後、前橋育英のコーチ3年を経て02年から監督。同校事務職員
 第95回全国高校野球選手権大会3回戦で宿敵・横浜高校に勝ち、甲子園初出場で頂点に立った群馬代表、前橋育英高校。横浜市出身の指揮官、荒井直樹監督(49)は渡辺元智監督(68)率いる横浜に、現役選手、監督時代と合わせて8回敗れた経歴を持つ。日大藤沢高校の選手として2回、監督で5回。前橋育英の監督になってからは関東大会で1回、涙を飲んでいる。

 8月12日、横浜との試合前日。荒井監督は自身が横浜に1度も勝っていない事実を、あえて打ち明けた。「9度目の正直ってあるよな。3の倍数だから」。選手たちにそう語りかけた。

 試合は1回に2点を先制した前橋育英が主導権を握り、横浜打線を1点に抑えて7―1で終盤へ。高橋光成(こうな)投手が横浜の左腕・伊藤将司投手との2年生エース対決を制した。「横浜は応援も含めてすごいチーム。逆の展開はあり得るとしても、ここまで点差が開くとは思わなかった」。敬意を表する一方で、「勝ったから言えることかもしれないけれど、8敗した今までとは多少違う感覚はあった」と勝利の予感を口にする。

 渡辺監督は敗戦後、前橋育英の印象を「しっとりとしたいいチーム」と語っている。「落ちているごみは拾わせるのではなく、気づいたから拾う…にしたい。日常生活も同じ。態度や規律などへの意識がいずれ野球につながる」。同じことをさりげなくやり続ける。「荒井監督流」の原点は、現役時代にさかのぼる。

 投手だった高校では、県大会で2試合連続の無安打無得点試合を記録したが、1年後輩の山本昌投手(現中日)にエースの座を奪われる挫折も。社会人野球のいすゞ自動車では3年で投手を外され、毎年クビ候補の危機に直面。それでも都市対抗野球には7年出場した。「実績も技術もない自分には、練習しかなかった」。バットの素振りを毎日続ければ、成果に気づけるようになる。ごみ拾いも同じだ。

 前橋育英のコーチ就任から、群馬に移り住み15年。あまり怒らない指揮官に「勝つ気がない」「甘い」と容赦ない批判が浴びせられてきたが、信念を貫いた。優勝校として「ここからがスタート」。心新たに、地道な日常を積み重ねていく。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

初期消火技術を競う

求む、緑あふれる写真

フォトコンテスト

求む、緑あふれる写真

7月26日号

8月にコンサート

橘和さん阿久和南

8月にコンサート

7月26日号

瀬谷区の人材バンクが作品展

ミニ水族館をつくろう

内モンゴルの児童と交流

かんとう幼稚園

内モンゴルの児童と交流

7月26日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク