瀬谷区版 掲載号:2013年11月21日号
  • googleplus
  • LINE

社会派コメディー 「39窃盗団」を上映

笑いあって生きる兄弟愛
笑いあって生きる兄弟愛
 瀬谷区知的障害理解啓発グループ「ant mama」の主催で12月1日(日)、ダウン症の青年が演じる映画「39窃盗団」が上映される。障害者を取り巻く現実をコメディータッチに描いた作品。場所は瀬谷公会堂で午後1時上映(正午開場)。入場無料で、先着300人。押田興将監督=人物風土記で紹介=は南台出身。上映後にはトークショーもあり、主演を務めた監督の実弟の清剛(きよたか)氏と大(ひろし)氏も登壇する。押田監督は「生きることにためらわず行動する姿を見てもらえれば」と話した。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク