瀬谷区版 掲載号:2014年2月20日号
  • googleplus
  • LINE

楽しんで学ぶ 大門小で英語村

 大門小学校(倉岡政美校長)で1月31日、横浜市教育委員会が推進する教育活動「英語村」が開催された。

英語村とは英語だけで過ごす場で、外国人講師数人とゲームを通じて楽しみながら英語を学ぶ取り組み。今年度から小学校単位で「英語村」を開催できるよう実施校を募集し、市内で5校の応募があった。同校は区内で唯一の実施校になり、5、6年生255人が参加した。

 「World Tour!」をテーマに、児童は世界各国の名所巡り=写真=など3つのアトラクションに挑戦。クリアごとにもらえるスタンプの数を競った。会場の共通言語が英語で児童は戸惑っていたが、徐々に自ら話しかけるなど、コミュニケーションの大切さや楽しさを学んだ。

 横浜市は2009年度から、市立小学校の全校で「横浜国際コミュニケーション活動」を実施し、1年生から英語を導入している。担当の藤原由紀子教諭は、「より英語に親しみを持ってもらえたのでは」と話した。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク