瀬谷区版 掲載号:2014年2月20日号 エリアトップへ

ズーラシア 「ありがとう、レイラ」 国内初のオカピ 急死

掲載号:2014年2月20日号

  • LINE
  • hatena

 よこはま動物園ズーラシア=旭区上白根町=で、同園の顔としても親しまれていたオカピの「レイラ」(雌・17歳)が2月1日に死亡した。展示場前には2月16日まで献花台が設けられ多くのファンが訪れた。死因は調査中。前日までは展示場にもいたレイラだが、1月30日から餌を食べなくなり、排便もほとんど見られなくなったという。治療を続けたが、急死した。

 レイラは国内初のオカピとして日本に来た2頭のうちの1頭。同園の開園に合わせて、アメリカから雄の「キィァンガ」(現在は金沢動物園で飼育)と1997年に来日。3年後、アジアで初めて繁殖に成功し、「ピッピ」(雌)を出産。その後も2頭を出産(1頭は誕生間もなく死亡)するなど国内での繁殖に貢献していた。現在、国内では6頭が飼育されている。

一緒に成長

 「おだやかでおっとりした女の子でした」と話すのは、レイラがズーラシアを訪れて以来、飼育してきた須田朱美さん(40)。来たばかりのレイラは153cmの須田さんと同じくらいの大きさだったが、みるみるうちに大きくなっていったという。「どんどん追い抜かされちゃいましたね」と笑う。「一緒に開園を迎えた思い出深い子。17年間、一緒に成長してきた。ありがとうの気持ちでいっぱい」とレイラを偲んだ。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

”1”に因んだキルトずらり

1tas1カフェ

”1”に因んだキルトずらり 社会

26日まで展示

6月17日号

初夏の和泉川を散策

初夏の和泉川を散策 スポーツ

 瀬谷水緑の健康ウオーク

6月17日号

”障害”に寄り添い学ぶ

区社協移動情報センター

”障害”に寄り添い学ぶ 社会

7月に理解講座

6月10日号

プロからダンス学ぶ

ワークショップ

プロからダンス学ぶ スポーツ

瀬谷区で8月に

6月10日号

熱中症予防を呼びかけ

瀬谷消防署

熱中症予防を呼びかけ 社会

感染対策との両立も

6月10日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter