瀬谷区版 掲載号:2014年2月20日号
  • googleplus
  • LINE

ズーラシア 「ありがとう、レイラ」 国内初のオカピ 急死

 よこはま動物園ズーラシア=旭区上白根町=で、同園の顔としても親しまれていたオカピの「レイラ」(雌・17歳)が2月1日に死亡した。展示場前には2月16日まで献花台が設けられ多くのファンが訪れた。死因は調査中。前日までは展示場にもいたレイラだが、1月30日から餌を食べなくなり、排便もほとんど見られなくなったという。治療を続けたが、急死した。

 レイラは国内初のオカピとして日本に来た2頭のうちの1頭。同園の開園に合わせて、アメリカから雄の「キィァンガ」(現在は金沢動物園で飼育)と1997年に来日。3年後、アジアで初めて繁殖に成功し、「ピッピ」(雌)を出産。その後も2頭を出産(1頭は誕生間もなく死亡)するなど国内での繁殖に貢献していた。現在、国内では6頭が飼育されている。

一緒に成長

 「おだやかでおっとりした女の子でした」と話すのは、レイラがズーラシアを訪れて以来、飼育してきた須田朱美さん(40)。来たばかりのレイラは153cmの須田さんと同じくらいの大きさだったが、みるみるうちに大きくなっていったという。「どんどん追い抜かされちゃいましたね」と笑う。「一緒に開園を迎えた思い出深い子。17年間、一緒に成長してきた。ありがとうの気持ちでいっぱい」とレイラを偲んだ。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

初期消火技術を競う

求む、緑あふれる写真

フォトコンテスト

求む、緑あふれる写真

7月26日号

8月にコンサート

橘和さん阿久和南

8月にコンサート

7月26日号

瀬谷区の人材バンクが作品展

ミニ水族館をつくろう

内モンゴルの児童と交流

かんとう幼稚園

内モンゴルの児童と交流

7月26日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク