瀬谷区版 掲載号:2014年5月8日号
  • googleplus
  • LINE

バンデリージャ横浜 結成後 初の市3位に 個活かすサッカー奏功

「経験を次の大会に生かす」
「経験を次の大会に生かす」
 第49回横浜市長旗争奪ジュニアサッカー大会が4月27日まで三ツ沢球技場などで行われ、南瀬谷中学校を拠点に活動するクラブチーム、バンデリージャ横浜(岩崎輝紀監督)がチーム結成後、初となる3位に輝いた。

 横浜市内の中学校とクラブチームが参加する同大会は、各区の予選を勝ち抜いた18チームがトーナメント方式で勝敗を競った。チームは2007年の結成年から同大会に出場しており、これまでの最高位はベスト8。今大会では区内6チームが出場した予選を、原中学校に3-0、瀬谷中学校に2-1とし、2年続けて区の代表の座をつかんだ。

 4月12日から始まった本大会は初戦の上永谷中学校(港南区)に3-2で競り勝つと、大道中学校(金沢区)を4-0で下し、ベスト8へ。横浜FC(保土ケ谷区)との準決勝は、チームの持ち味である個人技を使ったドリブルで攻め立て先制。その後も相手の守備を崩して何本もシュートを打つも追加点が奪えず、後半に同点に追いつかれて延長戦へ。延長戦では互いに譲らず、PK戦にもつれ込み、惜しくも敗れた。

 自らも中学2年時に大会に出場し、優勝した経験をもつ岩崎監督は「この大会は市内の中学やチームにとって大事な選手育成の場。悔しい結果だが、今後に繋がる多くのことを学ぶことができた」と話した。

 同チームは瀬谷区のほか旭区や泉区の中学生、約60人が在籍している。練習では個人技のレベルアップに重点を置き、一人ひとりがボールに触れる時間を多く設けているのが特徴だ。

 チームは全国大会に繋がる第29回日本クラブユース(U-15)選手権神奈川県大会にも出場し、4月29日現在、1回戦で相模原みどりを6-1で下している。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

瀬谷から全国の舞台へ

インターハイ

瀬谷から全国の舞台へ

7月26日号

クールスポットで快適に

区内で2校、1施設

基準不適合のブロック塀

区内で2校、1施設

7月19日号

境川に防災スピーカー

ごみ量、年間の11倍に

大災害発生時

ごみ量、年間の11倍に

7月12日号

区内で早くも急増

熱中症による救急搬送

区内で早くも急増

7月12日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク