瀬谷区版 掲載号:2014年5月8日号
  • googleplus
  • LINE

バンデリージャ横浜 結成後 初の市3位に 個活かすサッカー奏功

「経験を次の大会に生かす」
「経験を次の大会に生かす」
 第49回横浜市長旗争奪ジュニアサッカー大会が4月27日まで三ツ沢球技場などで行われ、南瀬谷中学校を拠点に活動するクラブチーム、バンデリージャ横浜(岩崎輝紀監督)がチーム結成後、初となる3位に輝いた。

 横浜市内の中学校とクラブチームが参加する同大会は、各区の予選を勝ち抜いた18チームがトーナメント方式で勝敗を競った。チームは2007年の結成年から同大会に出場しており、これまでの最高位はベスト8。今大会では区内6チームが出場した予選を、原中学校に3-0、瀬谷中学校に2-1とし、2年続けて区の代表の座をつかんだ。

 4月12日から始まった本大会は初戦の上永谷中学校(港南区)に3-2で競り勝つと、大道中学校(金沢区)を4-0で下し、ベスト8へ。横浜FC(保土ケ谷区)との準決勝は、チームの持ち味である個人技を使ったドリブルで攻め立て先制。その後も相手の守備を崩して何本もシュートを打つも追加点が奪えず、後半に同点に追いつかれて延長戦へ。延長戦では互いに譲らず、PK戦にもつれ込み、惜しくも敗れた。

 自らも中学2年時に大会に出場し、優勝した経験をもつ岩崎監督は「この大会は市内の中学やチームにとって大事な選手育成の場。悔しい結果だが、今後に繋がる多くのことを学ぶことができた」と話した。

 同チームは瀬谷区のほか旭区や泉区の中学生、約60人が在籍している。練習では個人技のレベルアップに重点を置き、一人ひとりがボールに触れる時間を多く設けているのが特徴だ。

 チームは全国大会に繋がる第29回日本クラブユース(U-15)選手権神奈川県大会にも出場し、4月29日現在、1回戦で相模原みどりを6-1で下している。

皆さんご参加ください。

瀬谷区には153の自治会・町内会があります。

http://www.city.yokohama.lg.jp/seya/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

外国人に「災害予防」を啓発

区制50周年へ始動

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月22日号

籐細工が「光明」、喜びに

相澤豊幸さん(阿久和南)

籐細工が「光明」、喜びに

3月22日号

公共施設の「多目的化」推進へ

7年ぶり全国で「攻める」

瀬谷リトルシニア

7年ぶり全国で「攻める」

3月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク