瀬谷区版 掲載号:2014年5月8日号 エリアトップへ

バンデリージャ横浜 結成後 初の市3位に 個活かすサッカー奏功

掲載号:2014年5月8日号

  • LINE
  • hatena
「経験を次の大会に生かす」
「経験を次の大会に生かす」

 第49回横浜市長旗争奪ジュニアサッカー大会が4月27日まで三ツ沢球技場などで行われ、南瀬谷中学校を拠点に活動するクラブチーム、バンデリージャ横浜(岩崎輝紀監督)がチーム結成後、初となる3位に輝いた。

 横浜市内の中学校とクラブチームが参加する同大会は、各区の予選を勝ち抜いた18チームがトーナメント方式で勝敗を競った。チームは2007年の結成年から同大会に出場しており、これまでの最高位はベスト8。今大会では区内6チームが出場した予選を、原中学校に3-0、瀬谷中学校に2-1とし、2年続けて区の代表の座をつかんだ。

 4月12日から始まった本大会は初戦の上永谷中学校(港南区)に3-2で競り勝つと、大道中学校(金沢区)を4-0で下し、ベスト8へ。横浜FC(保土ケ谷区)との準決勝は、チームの持ち味である個人技を使ったドリブルで攻め立て先制。その後も相手の守備を崩して何本もシュートを打つも追加点が奪えず、後半に同点に追いつかれて延長戦へ。延長戦では互いに譲らず、PK戦にもつれ込み、惜しくも敗れた。

 自らも中学2年時に大会に出場し、優勝した経験をもつ岩崎監督は「この大会は市内の中学やチームにとって大事な選手育成の場。悔しい結果だが、今後に繋がる多くのことを学ぶことができた」と話した。

 同チームは瀬谷区のほか旭区や泉区の中学生、約60人が在籍している。練習では個人技のレベルアップに重点を置き、一人ひとりがボールに触れる時間を多く設けているのが特徴だ。

 チームは全国大会に繋がる第29回日本クラブユース(U-15)選手権神奈川県大会にも出場し、4月29日現在、1回戦で相模原みどりを6-1で下している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

環境影響説明会に200人

旧上瀬谷通信施設

環境影響説明会に200人 社会

区画整理や新交通整備で

8月13日号

ひとり親の食を支援

横浜市

ひとり親の食を支援 社会

コロナ禍受け提供会

8月13日号

見守り配食、10月始動へ

阿久和地区

見守り配食、10月始動へ 社会

区民グループが仲間募る

8月6日号

豪雨被災地にエール

区商連と露天商組合

豪雨被災地にエール 社会

熊本中心に物産展

8月6日号

「ライブゲート瀬谷」へ

再開発施設

「ライブゲート瀬谷」へ 社会

来夏竣工に向け名称決定

7月30日号

子ども食堂を支援へ

子ども食堂を支援へ 社会

区商連の弁当配布

7月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月13日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク