瀬谷区版 掲載号:2014年5月29日号 エリアトップへ

聖マリ 集学的な小児医療へ こどもセンター設置

掲載号:2014年5月29日号

  • LINE
  • hatena
こどもセンターのスタッフ=19日
こどもセンターのスタッフ=19日

 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院=旭区矢指町=の小児病棟(2階南病棟)の名称が5月に「こどもセンター」(瀧正志センター長)に改称された。総合病院の強みを生かした包括的な治療を行っていく。

 同センターでは小児急性疾患から慢性疾患の診断・予防・治療を目指す。小児科・小児外科を中心に、脳神経外科、形成外科、整形外科、耳鼻科、皮膚科、眼科などが連携し、集学的な治療を行うのが特徴だ。複数の科の連携により、科を超えた小児領域の臨床研究を推進していくという。瀧センター長=写真・前列左=は「子どもと家族にとってやさしいセンターにしたい」と意気込む。

 センターのスタッフは医師や看護師、薬剤師、保育士など27人で、総合的なケアを行っていく。看護師の金田絵理さん=同・後列右=は「大学病院というと地域になじんでいないイメージを持たれがちだが、親しみを持ってもらえるような環境にしたい」と話す。

地域とも連携

 同院では年2回ほど勉強会を通じて、地域の医療機関との医療連携を行っているが、今後は幅広い科を含めた勉強会を実施していく考えだ。瀧センター長は「地域との医療連携をさらに強化して、充実した医療を提供していければ」と話した。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

ライブゲート瀬谷、遂に完成

ライブゲート瀬谷、遂に完成 経済

来年3月には区民文化センターも開館

9月16日号

「瀬谷の風景」37点を展示

「瀬谷の風景」37点を展示 文化

区民活動センター

9月16日号

瀬谷区新拠点への期待

瀬谷区新拠点への期待 社会

瀬谷区長 植木 八千代

9月16日号

末永く輝くシンボルへ

末永く輝くシンボルへ 社会

瀬谷区連合町内会自治会連絡協議会会長 網代 宗四郎

9月16日号

瀬谷区の文化振興の地に

瀬谷区の文化振興の地に 社会

瀬谷区文化協会 会長 小川 肇

9月16日号

夢実現に”感謝”

40年近い再開発構想 History

夢実現に”感謝” 社会

川口理事長にインタビュー

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook