瀬谷区版 掲載号:2014年12月25日号 エリアトップへ

資源回収2団体 共同募金会らと協定 福祉事業に寄付金

掲載号:2014年12月25日号

  • LINE
  • hatena
調印式に臨んだ4団体の代表ら
調印式に臨んだ4団体の代表ら

 家庭から出る資源物で共同募金に寄付し、地域の福祉に役立てる全国初の取組み「わが家の資源で横浜の福祉を支えようプロジェクト」の協定書調印式が12月10日、中区で行われた。

 これは、市内で集団資源回収を行う事業者の団体「NPO法人横浜市集団回収推進部会」(秋山正宏理事長)と「横浜市資源リサイクル事業協同組合」(高田哲二理事長)が、社会福祉法人神奈川県共同募金会(牧内良平会長)と社会福祉法人横浜市社会福祉協議会(佐々木寛志会長)と協力したもの。

 この取組みでは、地域で回収された古紙・古布の回収量に応じて事業者から赤い羽根共同募金に寄付が行われる。寄付金は資源物が回収された地域の地区社協を通じてその地域の福祉活動に使われる。今年度は旭区の希望が丘東連合自治会、緑区の長津田自治連合会、青葉区の市が尾連合自治会で先行的に実施され、来年度以降に全市的に進めていきたいとする。

 調印式の出席者は「市内で出る燃やすごみの1割はリサイクルできるもの。資源の有効活用と地域の福祉を地域で支える一つの方法として、集団回収に更なる協力を頂ければ」と話していた。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

瀬谷の四季写真で表現

瀬谷の四季写真で表現 文化

区活が展示

1月20日号

福祉車両寄贈先が決定

神福協

福祉車両寄贈先が決定 社会

区内特養も対象に

1月20日号

心地よい親子関係とは

心地よい親子関係とは 教育

専門家が講演会

1月20日号

治安維持の想い技に込め

治安維持の想い技に込め スポーツ

瀬谷警察が武道始式

1月20日号

あのトラは今?

野毛山動物園の元アイドル

あのトラは今? 社会

「わたし(ミンピ)は元気です!」

1月20日号

駅の工事状況を動画配信

相鉄・東急直通線

駅の工事状況を動画配信 社会

鉄道・運輸機構が公開

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月13日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook