瀬谷区版 掲載号:2014年12月25日号 エリアトップへ

学校司書配置から1年(下) 図書館を「教育現場」に

教育

掲載号:2014年12月25日号

  • LINE
  • hatena

 「学校図書館には『読書センター』としての役割のほか、『学習情報センター』の機能が求められる」と話すのは、学校図書館に詳しい八洲(やしま)学園大学=西区=の高鷲忠美教授(73)だ。公共図書館と異なり、授業での活用や、調べる力などの情報活用能力を育てる狙いがあるという。学校図書館法第2条では、学校図書館の設置には、教育課程の展開と児童生徒の教養の育成に寄与する等の目的があると定められている。

 そこで重要になるのが授業と図書館を結ぶ司書教諭。だが、12学級以上の学校に配置される司書教諭は担任などを受け持ち、学校図書に関わる時間が設けられていないことも多い。負担軽減のためにも、資料集めや図書に関するアドバイスなどで司書教諭を支え、他教諭が授業で使いやすい環境整備を行う学校司書の役割が必要になる。

 成功例として高鷲教授が挙げるのが、山形県の朝暘小学校。1人あたりの貸し出し冊数は年間174・1冊(2012年9月現在)。文学に偏ることなく社会科学や自然科学など分野も広い。学習の向上にも貢献し、全校児童577人の9割が13年度の調査で「授業が理解できる」と答えている。

 同校では9年前から司書教諭を配置。校長の裁量でクラス担任を外し、週21時間は学校図書館で担任と授業を行う。約40年前から導入した学校司書も、子どものいる時間は常駐。校長や教頭、各主任で構成される「図書館活用教育特別委員会」を組織し、図書館を活用した教育について審議しているという。

 横浜市は16年度までに公立小中、特別支援学校500校全てに学校司書を配置予定。高鷲教授は「鍵がかかっていた図書館に人が置かれるのは良いこと。読書量は増えるだろう」と期待を寄せる。一方、学校司書の研修の充実、司書教諭の時間確保などを課題に挙げる。また、校長ら管理職の意識改革も必要になるという。司書教諭が抱える業務の軽減措置や、他教諭を巻き込んだ授業での積極的利用が求められる。「読書センターの役割だけでは廃止になる恐れもある」と高鷲教授。教育の場として機能するよう、環境整備することが急務だ。

(了)

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

瀬谷の四季写真で表現

瀬谷の四季写真で表現 文化

区活が展示

1月20日号

福祉車両寄贈先が決定

神福協

福祉車両寄贈先が決定 社会

区内特養も対象に

1月20日号

心地よい親子関係とは

心地よい親子関係とは 教育

専門家が講演会

1月20日号

治安維持の想い技に込め

治安維持の想い技に込め スポーツ

瀬谷警察が武道始式

1月20日号

あのトラは今?

野毛山動物園の元アイドル

あのトラは今? 社会

「わたし(ミンピ)は元気です!」

1月20日号

駅の工事状況を動画配信

相鉄・東急直通線

駅の工事状況を動画配信 社会

鉄道・運輸機構が公開

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月13日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook