瀬谷区版 掲載号:2015年2月12日号 エリアトップへ

”カフェ風”献血ルーム開所 若年層狙い横浜駅西口に

社会

掲載号:2015年2月12日号

  • LINE
  • hatena

 県赤十字血液センターが横浜駅西口に「横浜Leaf献血ルーム」をオープンし、1月22日に開所式が行われた。

 西区北幸の横浜ファーストビル14階に位置し、ブックカフェをコンセプトに作られた献血ルーム。広々とした待合スペースでは900冊以上の漫画や書籍、雑誌を読むことができ、本格的なコーヒーマシンの挽きたてコーヒーやソフトドリンクなどを全て無料で楽しめる。また、無料Wi-Fiも整備され、スマートフォン等を充電できるコンセントも設置されている。

 このような取組みは県内に8カ所ある献血ルームでも初めてのもの。これは、10代・20代の献血者減少傾向に歯止めをかけるのが狙い。県内では2008年度には8万257人いた若年層献血者が13年度には6万3804人と約21%減少した。同センターではこの献血ルームを若年層確保の中核施設にしていきたいとしている。

 22日に行われた開所式には日赤神奈川県支部の支部長を務める黒岩祐治県知事も出席。黒岩知事はあいさつで「まるでドラマのセットのようなおしゃれな空間で驚いた。コーヒー片手に本を楽しみ、献血に協力する。この場所に集うことが若者たちの新しいムーブメントになれば」と話した。

 受付は午前9時30分から午後6時30分(成分献血は5時30分まで)。年末年始休み。(問)同ルーム【電話】045・534・7173

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

新型コロナで行事中止続く

はらっぱ、一般開放へ

はらっぱ、一般開放へ 社会

旧上瀬谷通信施設で

2月27日号

27年の花博開催目指す

横浜市

27年の花博開催目指す 社会

招致活動が進む

2月27日号

市郊外部の活性化拠点へ

旧上瀬谷通信施設

市郊外部の活性化拠点へ 社会

テーマパークなど計画

2月27日号

村治佳織リサイタル

村治佳織リサイタル 文化

タウンニュースホール

2月27日号

「連携深めた活動を」

「連携深めた活動を」 社会

瀬谷交通安全協会

2月27日号

「横浜の体験」を返礼品に

ふるさと納税

「横浜の体験」を返礼品に 社会

4月から23品目追加

2月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月27日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク