瀬谷区版 掲載号:2015年2月26日号
  • googleplus
  • LINE

 妖怪アニメ人気も後押し!? 市歴博 鶴見川の狛犬に熱視線 3月15日まで写真展

文化

展示スペースには本物の狛犬も2対鎮座する
展示スペースには本物の狛犬も2対鎮座する
 市歴史博物館(都筑区中川中央)では現在、企画展「鶴見川流域のくらし」を開催している。この関連企画としてひそかに注目を集めているのが87対を収めた狛犬写真展だ。

 これは同館の「民俗に親しむ会」で関心の高かった鶴見川流域に点在する狛犬に焦点を当て展示しているもの。写真は一般公募し、41人の市民から計124の写真が寄せられた。

 担当する学芸員の刈田均さんは「当館で狛犬に焦点を当てた企画は初めてで鶴見川流域の狛犬が一堂に見られるのは珍しい。石工さんにより1対1対の表情も異なり、(制作が)現代に近づくにつれ均一化してくるなどの傾向があるのも見所のひとつ」と指摘する。

 担当者も予期していなかったのが子どもからの人気。アニメ「妖怪ウォッチ」に登場する狛犬の妖怪「コマさん」が影響しているようだ。先日行われた博物館感謝デーでは特に親子連れの来場者からの反応が良かったという。

 幅広い層からの関心を集めている同展。青葉区から来館した女性は「可愛いとか古いとかだけでなく作っている人でこうも違うんだなと感心しました。地域性も出ていて見ていたら実際に行きたくなりました」などと話していた。狛犬は人気投票も行っており、会期終了後にホームページ(http://www.rekihaku.city.yokohama.jp/)で発表される。

 企画展に関する問い合わせは、同歴博【電話】045・912・7777。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

初期消火技術を競う

求む、緑あふれる写真

フォトコンテスト

求む、緑あふれる写真

7月26日号

8月にコンサート

橘和さん阿久和南

8月にコンサート

7月26日号

瀬谷区の人材バンクが作品展

ミニ水族館をつくろう

内モンゴルの児童と交流

かんとう幼稚園

内モンゴルの児童と交流

7月26日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク