瀬谷区版 掲載号:2015年3月5日号 エリアトップへ

瀬谷区県議選 1議席に3人が出馬か 現職1人、新人2人が表明

政治

掲載号:2015年3月5日号

  • LINE
  • hatena

 4月3日に告示、12日に投開票される神奈川県議会選挙で、定数1人の瀬谷区では、現職1人と新人2人が出馬を表明している。本紙調べ(3月1日現在)。

 定数1議席をめぐり3人が名乗りを上げている今回の県議選。現職で民主党の平本敏氏(66歳/4期)に、自民党の田村雄介氏(34歳)、無所属の市川英之氏(54歳)の新人2人が挑む。

 過去3回の選挙では民主党現職と自民党新人の一騎打ちとなり、いずれも現職の平本氏が当選を果たしている。今回も同様の構図になるかと思われたが、無所属の市川氏が参戦。三つ巴の戦いとなる様相だ。

3氏の訴えは

 平本氏は99年に初当選、5期目を目指す。区内の総合医療体制の改善、上瀬谷米軍施設全面返還については「広域避難地や備蓄庫中心の計画ではなく街づくりの総合的施策として跡地活用を」と訴える。

 田村氏は両親の実家がある東北で起きた東日本大震災を例に挙げ「防災対策に特に力を入れ、安心して住める街づくりを」と訴える。そのほか、少子高齢化対策、子育て支援、高齢者の社会保障制度改革などを目指す。

 市川氏は「一大テーマパークを瀬谷に」と訴え、区民が夢と希望の持てる住みよい街づくりを目指す。そのほか、介護、子育て支援の強化・拡充、教育の充実、医療の充実、行政改革に取り組みたいとしている。

 前回選挙では平本敏氏が2万5629票を獲得し当選、新人で自民党の内田高広氏は2万2740票と善戦したものの、現職の前に敗れた。投票率は市内で2番目に高い50・33%だった。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

コロナ対策との両立を

熱中症予防

コロナ対策との両立を 社会

消防、注意呼びかけ

7月2日号

医療体制拡充に56億円

横浜市

医療体制拡充に56億円 政治

コロナ第2、3波に備え

7月2日号

県民功労者に選出

川口恭正さん(本郷)

県民功労者に選出 社会

地域の交通安全に尽力

6月25日号

風水害への備え促す

瀬谷区

風水害への備え促す 社会

リーフレットを全戸配布

6月25日号

地元団地の魅力発信

阿久和小児童

地元団地の魅力発信 社会

独自のリーフレット作成

6月18日号

七夕灯篭祭りが中止に

七夕灯篭祭りが中止に 文化

コロナの影響、12年目で初

6月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

    連載

    地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

    〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜第3回 住居表示の新制度で瀬谷から『字(あざ)』が消えた文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

    6月25日号

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク