瀬谷区版 掲載号:2015年3月26日号
  • googleplus
  • LINE

ウドの収穫ピーク 米軍基地返還で不安の声

経済

「室」の中で育つウド(3月17日撮影)
「室」の中で育つウド(3月17日撮影)

 米軍上瀬谷通信施設に広がる農地の一角。地下に掘られた計88もの「室(むろ)」の中ですくすくと育ったウドが、収穫のピークを迎えている。

 ウドは、横浜市が定める「横浜ブランド農産物」に認定されている全30品目のうちの一つ。地下栽培のため、透き通るような白さが特徴だ。シャキッとした食感とくせのない味はファンも多く、収穫が始まる3月中旬以降、注文が集中する。

 瀬谷区のウド栽培の歴史は戦後に遡る。旧日本海軍が資材集結所として建設し、使用していた上瀬谷基地を米軍が接収。その後再び解除と接収を繰り返し1968年(昭和43年)、栽培が認められた。通信障害のため米軍が建築物を制限した結果、地下栽培に適したウドが選ばれた。

 「室」の中で成長するのは約40日間。畑で根株を太く育てた後、1月頃に植え替える。約75cmまで伸びたウドを8〜10本ずつ箱詰めし、出荷準備が行われる。

「現状維持できれば」

 当初48戸あった農家は13戸に減少。家族でウド栽培を行う高橋功さんは、「高齢化が進んできた。環境が整わないと後継者を育てるのも難しい」と語った。

 さらに今年6月の基地返還によって、栽培が続けられるかどうかが大きな問題となっている。上瀬谷出荷組合の青木和昭組合長は「現状維持できれば良いが、賃貸等の条件も変わってくるだろう。市の回答が出たら、組合でも話し合いを重ねたい」と話す。

 市は明日27日(金)、同組合側に回答を述べる予定だ。
 

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク