瀬谷区版 掲載号:2015年4月30日号
  • googleplus
  • LINE

アフリカ サバンナを再現 ズーラシア 全面開園

キリンやエランドが展示される草原エリア
キリンやエランドが展示される草原エリア
 よこはま動物園ズーラシア(村田浩一園長)=旭区上白根町=の最後のエリアとなる「アフリカのサバンナ」が4月22日、全面開園した。広大な草原や東アフリカの景観を再現しており、キリンやグラントシマウマなど9種類の動物が展示される。4月21日には関係者を招いて、全面開園式典が開かれた。

 アフリカのサバンナは草原や岩場を再現した、約4・6haのエリア。広大な草原エリアでは、草食動物のキリン・グラントシマウマ・エランドと肉食動物のチーターが混合展示される。また、ヒガシクロサイとライオンは来園者からは見えない堀で分離されており角度によっては同じ草原にいるように見る事ができる。

「アフリカの自然感じて」

 4月21日には地元選出の市・県会議員や国内外の関係者らを招いて開園式典が行われた。鈴木伸哉副市長は欠席した林文子市長のあいさつを代読。「アフリカのサバンナではより自然に近い展示を通して、アフリカの大自然を身近に感じてもらえる。市民にアフリカへの理解を深めてもらいたい」と話した。村田園長は「アフリカのサバンナが開園したことで、世界一周の旅を体験してもらうことができる。ズーラシアはこれで完成というわけではなく、絶えず進化していかなければならない。今後も自然の素晴らしさや命の大切さを伝えていきたい」とあいさつした。

日本最大級の広さ

 同園は「生命の共生・自然との調和」をテーマに、気候帯・地域別の8エリアで動物を展示する。1999年の開園当時からアフリカのサバンナは構想されており、13年に約1・6haのエリアが一部開園していた。全面開園により、総敷地面積は約53haとなり、日本最大級となった。GW期間中は5月2日(土)から6日(水)まで開園・閉園時間を1時間ずつ延長。問い合わせは【電話】045・959・1000へ。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク