瀬谷区版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

大和リース(株)横浜支店 医師会に非常用電源 寄贈 災害時バックアップ用に

社会

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena
贈呈式に出席した(左から)川口浩人会長、薬師寺えり子区長、浮穴浩一取締役
贈呈式に出席した(左から)川口浩人会長、薬師寺えり子区長、浮穴浩一取締役

 災害発生時のバックアップ電源として、大型リチウムイオン電池「パワーイレ」がこのほど、瀬谷区医師会(川口浩人会長)に導入された。これは大和リース(株)横浜支店が取り組む、社会貢献事業の一環として寄贈されたもの。9月10日には瀬谷区役所で贈呈式が実施された。

 瀬谷区医師会では、医療事業の一つとして1977年3月に瀬谷区休日急患診療所を開設し、災害時に医療や通信の拠点としている。今回寄贈されたリチウムイオン電池は、通常の発電機の備えに加え、同所でのバックアップ電源として活用されることになっている。移動もしやすく、地域防災拠点間の巡回移動にも活用される予定だ。

 川口会長は、「診療所内の機器は揃ってきたが、バックアップ電源には不安があった。大切に保管させていただき、緊急時に役立てたい」と話した。

 今回寄贈された「パワーイレ」は、約62kgとコンパクト。キャスター付きで移動しやすい造りとなっている。約500Wの出力で連続3時間使用可能とされ、長期間安全性が確保できるという。11年3月の東日本大震災ではインフラが遮断され、電気が通らない仮設住宅などで実際に活用されたといい、同社の浮穴浩一取締役は「災害時、現地の状況が分かれば次の手が打てる。それほど通信手段は重要」とし、「災害はないにこしたことはないが、緊急時に治療を必要とする方の一助になれば」と話した。

 薬師寺えり子瀬谷区長は、「医療体制を充実させる機材を寄贈してもらい、瀬谷区としても心強い。医師会が助かるということは、瀬谷区民が助かるということ」と話し、感謝を述べた。

寄贈された「パワーイレ」
寄贈された「パワーイレ」

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

市、全18区で運用開始へ

母子保健コーディネーター

市、全18区で運用開始へ 社会

産前産後の支援充実

4月9日号

50周年記念誌が完成

50周年記念誌が完成 社会

網代委員長「集大成の一冊」

4月9日号

障がい問わずサッカーを

バンデリージャ横浜

障がい問わずサッカーを 社会

「共に子育てをする思い」

4月2日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 経済

来春、10〜12%増見込み

4月2日号

ハマ弁を中学校「給食」へ

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」へ 教育

21年度の開始を視野に

3月26日号

拡張エリア、4月に開園

瀬谷本郷公園

拡張エリア、4月に開園 社会

遊具や広場を整備

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク