瀬谷区版 掲載号:2016年2月25日号
  • googleplus
  • LINE

二つ橋小 チャンピオンが来校 八重樫選手「挑戦」を語る

スポーツ

歓声に笑顔で応える八重樫選手
歓声に笑顔で応える八重樫選手
 二つ橋小学校(青木勇校長)で2月17日、昨年末に3階級制覇を達成したプロボクサー・八重樫東(あきら)選手=旭区在住=を迎える会が開催された。児童の大歓声を受けた八重樫選手は、ミット打ちなどを披露。挑戦し続けることの大切さを語った。

 昨年12月、有明コロシアムで行われたプロボクシングのダブル世界戦で、第21代IBF世界ライトフライ級チャンピオンの座を勝ち取った八重樫選手。今回の同校訪問は、東日本大震災の被災地支援活動を行う中で出会った「三陸沖に瀬谷丸を!」実行委員会の露木晴雄会長を通し、実現した。

 始めにあいさつに立った八重樫選手は、自身の実家が岩手県北上市にあることに触れ、「大震災は忘れてはいけないこと。これからも露木さん、瀬谷丸を通して、復興支援を続けていきたい」と力強く語った。

 実演では、原隆二選手(大橋ジム)を相手に「ジャブ」「ストレート」「ワンツー」など児童から名前が挙がった順にパンチを披露。寸止めで打ち合い距離感をつかむマス・ボクシングも軽やかにこなし、チャンピオンの風格で会場を沸かせた。

 質問コーナーでは、児童からの質問に丁寧に答えた八重樫選手。特別な練習メニューについて聞かれると、「特に何かしているわけではなく、毎日コツコツ頑張ることが大事。続けるのは大変だし練習は休んでも良い。その分を取り返せば大丈夫」と述べ、練習への向き合い方を語った。さらに「強くなるためには周りの人に優しくすること。お父さんお母さんを大切にしてあげて。ありがとうと心で思っていれば優しい気持ちになり、強くなれる」とメッセージを贈り、児童らは真剣に耳を傾けていた。

 全校児童を代表して感謝の言葉を述べた6年生の瀬戸口佳君は、「試合で勝った時の表情が印象的でした。努力を続けることの大切さが分かったので、自分も今やっているサッカーを頑張りたい」と話した。会終了後は、4年生のクラスで給食を味わった八重樫選手。児童らとの楽しいひとときを過ごした。

瀬谷区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月22日号

3者連携でコミュカフェ

ケアプラザ介護事業所・区民

3者連携でコミュカフェ

2月22日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月15日号

「小兵」、走力で頂点に

原中学校男子バスケ部

「小兵」、走力で頂点に

2月15日号

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月8日号

農業の「いろは」学ぶ

瀬谷第二小4年生児童

農業の「いろは」学ぶ

2月8日号

大成祭典 希望が丘葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

食品ロス削減、冷蔵庫から

食品ロス削減、冷蔵庫から

区、専門家招き講座

3月5日~3月5日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク