瀬谷区版 掲載号:2016年5月19日号 エリアトップへ

県軟式野球春季大会 隼人高9年ぶり頂点 練習で鍛えた「走塁」生かし

スポーツ

掲載号:2016年5月19日号

  • LINE
  • hatena
横浜隼人高校の選手たち
横浜隼人高校の選手たち

 県高校軟式野球の春季大会決勝が5月8日に行われ、横浜隼人高校=阿久和南=が三浦学苑を制し、9年ぶり7回目の優勝を果たした。冬の間重点的に取り組んできた「走塁」が勝利につながる形となった。

 同校は1回裏、相手に先制を許したが、3回表に林幹太君(3年)が本盗に成功し逆転。8回には中西敦洸君(3年)の適時打で1点を追加した。相手の追い上げを振り切った同校が3対2の接戦を制し、22チームの頂点に立った。

 決勝戦は、同校がこれまでの練習で意識してきた「走塁」が得点につながる展開となった。昨年の県秋季大会ベスト8という結果を受け、改めてチームの戦略を練り直したと話すのは、昨年夏に就任した林亮太監督。具体的な方向性を探ろうと、選手のみでのミーティングを指示。その中で出てきた意見は「走塁を中心にやっていきたい」というものだった。冬の間、走り込みを行うなど量をこなし感覚を身に付けたほか、試合の動画を見返すなどして研究を重ねていった。

 今大会を振り返った長尾暢仁部長は、「初戦以外は先制された。守備のミスで相手に点を取られることも多かった」と反省点を挙げながら、選手たちの粘り強さを評価。「軟式はヒットが出づらく、大量得点も難しい。今回は気持ちを切らさず、しっかり点を取ることができた」と諦めない姿勢を称えた。試合が終わるごとにミスを見直し、「走塁」の意識を繰り返し確認。その結果、決勝では5盗塁を決め、粘り勝ちを果たした。

 「大会を通してチーム内は前向きな雰囲気だった。点数を取られても取り返せると思っていた」と野間康平キャプテン(3年)。意識してきた「走塁」が本番で実を結んだことについて、川野雅人君(3年)は「練習の成果が出て、神奈川県で1位になれたことは自信を持っていいと思う。ただ、過信をしないように今後も練習を重ねていきたい」と謙虚に次を見据える。

応援を力に変え

 周りの応援も大きな力になったという今大会。決勝戦には選手たちの保護者や学校関係者、硬式野球部員らも球場に駆け付け、選手たちに声援を送った。「ほかの部活の人たちが来ることはあまりない。嬉しかった」と中西君。応援を力に変えて、「関東でも優勝を目指す。この勢いを止めないようにしたい。普段の生活も引き締めていく」と野間キャプテンは意気込んだ。

 同校が出場する「第64回春季関東高等学校軟式野球大会」は本日19日、千葉県総合スポーツセンターで開幕する。

瀬谷区版のトップニュース最新6

柳沢姉妹がダブル受賞

市環境絵日記コンクール

柳沢姉妹がダブル受賞 社会

「自然や生き物を大切に」

11月25日号

上瀬谷新交通に参画せず

シーサイドライン

上瀬谷新交通に参画せず 社会

開業の見通し不透明に

11月25日号

原クラブが関東大会へ

小学生バレーボール

原クラブが関東大会へ スポーツ

「粘り強くボールつなぐ」

11月18日号

依存症対策の計画策定

横浜市

依存症対策の計画策定 社会

横の連携で早期支援へ

11月18日号

海軍道路を花で彩る

瀬谷西高校

海軍道路を花で彩る 教育

国際園芸博の機運醸成へ

11月11日号

IR推進費、11月清算へ

横浜市

IR推進費、11月清算へ 政治

8割執行見込も減額調整

11月11日号

チョコのシュトーレン販売中

三ツ境のまちパン屋・ベーカリーサザンヴィラでお待ちしています。

http://southern-villa.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月25日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook