瀬谷区版 掲載号:2016年6月9日号 エリアトップへ

下瀬谷特別救助隊 消防技術訓練で県へ 障害突破で1位通過

社会

掲載号:2016年6月9日号

  • LINE
  • hatena
県大会に出場するメンバー
県大会に出場するメンバー

 横浜市消防訓練センター=戸塚区=で5月17日から19日、市消防救助技術訓練会が行われた。陸上の部・障害突破で出場した下瀬谷消防出張所・特別救助隊第二係が1位を獲得し、県大会出場を決めた。

 救助活動に必要な体力や精神力、技術力の向上を図るために行っている救助技術訓練。各消防署から職員が参加し、日頃鍛えた成果を披露する場として実施されている。

 下瀬谷特別救助隊は5月18日の障害突破に出場。この種目は5人1組で連携を取りながら行うもので、3mの壁を乗り越え、高所に張ったロープを渡るなど、5つの障害を次々突破していく競技だ。標準所要時間は3分15秒。同隊は1分39秒というタイムで1位を獲得した。指導を行う中本繁一所長は、「標準時間は絶対切れる。ほかのチームも同じくらいの時間を出してくるため、いかに減点がないかがポイントだった」と話す。同隊ではミスをなくすため、訓練中に撮影したビデオを見て細かい動作を確認。互いに指摘し合い、ミスを減らすよう訓練を重ねてきた。

 今回出場したメンバーは昨年と同じ顔ぶれ。全員が県大会初出場だ。チームをまとめる赤川武史さんは、「同じメンバーでやれるというのは自信になる」と仲間に信頼を寄せる。日頃の練習は通常業務の合間で行ってきた。「準備が一番大事。本番では力まず自分たちの力を100%出せるよう、大会を意識して一つひとつの訓練を大事にしていきたい」と意気込んだ。

 6月15日開催の県大会を通過すると、その先は関東、全国と続く。関東へ出場できるのは、横浜からは1チームのみ。瀬谷では2009年に全国大会出場を経験して以来だ。中本所長は「迅速かつ安全に行うことは、現場にも結び付く」と訓練会の意義に触れながら、「市大会で良い成績を取れたのでこの勢いでいけたら」と話した。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

地域の子育て支え10年

にこてらす

地域の子育て支え10年 社会

交流や情報発信担う

5月13日号

区内出身2選手を指定

ドリームアスリート

区内出身2選手を指定 スポーツ

パラリンピック目指す

5月13日号

個人宅も対象に

弁当配達せーやーいーつ

個人宅も対象に 社会

開始1年で新たな試み

5月7日号

瀬谷区で音楽を身近に

ミュージックスクエア

瀬谷区で音楽を身近に 文化

区民など行事立ち上げ

5月7日号

統合前にSDGs推進

瀬谷西高校

統合前にSDGs推進 教育

学習通じ地域に「恩返し」も

4月29日号

May J.さんに決定

横浜花博連絡協テーマソング

May J.さんに決定 社会

相鉄線3駅のBGMにも

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter