瀬谷区版 掲載号:2016年6月16日号 エリアトップへ

救急電話相談 24時間相談可能に 短縮番号「♯7119」

社会

掲載号:2016年6月16日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は6月から、急な病気やけがをした際、症状に基づく緊急性の有無や受診の必要性について、看護師からアドバイスを受けることができる「救急電話相談」の受付時間を拡大し、24時間体制で対応している。

 同市では2006年に小児を対象に救急相談を受け付ける事業を開始。今年1月からは年齢制限を撤廃し、サービスを拡充した。

 これまでも急病時などに受診が可能な病院や診療所を案内するサービスについては24時間無休で対応してきたが、今回は夜間や休日など、医療機関の診療時間外にのみ受け付けてきた「救急相談」に関しても24時間化を図った。

 サービスを利用するには短縮番号「♯7119」をダイヤルし、受診可能な医療機関案内か救急相談を選択する。コールセンターには最大7人の看護師が常駐し、相談者から症状などを聞き取り、緊急度を判定。「救急車を呼ぶ」「最寄りの医療機関を受診する」「自宅で静養」など適切な対処法を助言する。

 看護師が判断に迷った場合には医師に相談できる体制も敷かれ、緊急度が高いと判断された場合には119番に転送される。

 医療局では「症状の緊急度が分からず、119番にかけるのを躊躇してしまう人も多い。そのためのセーフティネットになることができれば」と話している。
 

瀬谷区版のローカルニュース最新6

瀬谷の逸品が一冊に

【Web限定記事】

瀬谷の逸品が一冊に 経済

7年ぶりの追加認定を反映

3月4日号

より良い地域福祉保健計画へ

【Web限定記事】

より良い地域福祉保健計画へ 社会

瀬谷区、第4期策定へ市民意見を募集

3月4日号

気の向くまま

【Web限定記事】

気の向くまま 文化

優のほっこり作品展【66】

3月4日号

ぽかぽかプラザが開設決定

【Web限定記事】プレイバック瀬谷37

ぽかぽかプラザが開設決定 社会

14年5月を振り返る

3月4日号

長屋門で雛人形展

体操で健康目指す

体操で健康目指す 社会

文化協会が体験講座

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク