瀬谷区版 掲載号:2017年5月25日号 エリアトップへ

県商店街魅力アップ事業 三ツ境駅前商店会、対象に 繭玉でブランド化図る

経済

掲載号:2017年5月25日号

  • LINE
  • hatena
マスコット・ミックルの動画も配信する
マスコット・ミックルの動画も配信する

 神奈川県の2017年度商店街魅力アップ事業費補助金の交付対象がこのほど決まり、瀬谷区の三ツ境駅前商店会(川口哲会長)が選ばれた。

 この制度は、横浜市で決勝戦が開かれるラグビーワールドカップ2019と東京2020オリンピック・パラリンピックに向け、商店街の魅力を高める取り組みを支援して、集客力を向上させる狙い。採択されると、事業内容に応じた補助金や、専門家によるアドバイスを受けることができる。今年3月に第1次募集が行われ、審査の結果、14件が選ばれた。

 同商店会では今年度、すぐ近くに位置する「白姫神社」を地域資源として活用する。同神社は蚕の神を祭神としており、もとは阿久和地区にあったが、商店会の「先達」らが約60年前に遷座・整備したという。商店会では昨年度に「繭玉」をモチーフにしたおみくじを手掛けており、今年も新たな商品・サービスを開発する計画だ。

 また、商店会のオリジナルマスコット「ミックル」について、会員店舗を巡る動画の制作とネット配信、テーマソング作成なども予定している。さらに、聴覚障がい者が買い物しやすいようにと、対応マニュアルや専用ステッカー作成、店舗へのホワイトボート設置、手話教室開催なども進めるという。計画事業費は195万3000円。
 

瀬谷区版のローカルニュース最新6

ライブゲート瀬谷、遂に完成

ライブゲート瀬谷、遂に完成 経済

来年3月には区民文化センターも開館

9月16日号

「瀬谷の風景」37点を展示

「瀬谷の風景」37点を展示 文化

区民活動センター

9月16日号

瀬谷区新拠点への期待

瀬谷区新拠点への期待 社会

瀬谷区長 植木 八千代

9月16日号

末永く輝くシンボルへ

末永く輝くシンボルへ 社会

瀬谷区連合町内会自治会連絡協議会会長 網代 宗四郎

9月16日号

瀬谷区の文化振興の地に

瀬谷区の文化振興の地に 社会

瀬谷区文化協会 会長 小川 肇

9月16日号

夢実現に”感謝”

40年近い再開発構想 History

夢実現に”感謝” 社会

川口理事長にインタビュー

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook