瀬谷区版 掲載号:2017年7月13日号 エリアトップへ

上瀬谷の軟化ウド ハウス栽培で存続目指す 地下室の利用終了受け

経済

掲載号:2017年7月13日号

  • LINE
  • hatena
試験栽培の結果が発表された
試験栽培の結果が発表された

 2年前に米軍から返還された旧上瀬谷通信施設の地下で、半世紀にわたり作り続けられてきた名産品「ウド」。返還に伴い地下室での栽培が今年6月に出来なくなることを受け、生産農家らが進めてきたハウスでの試験栽培の結果がこのほど発表された。食感や甘みは地下のものと大きな差はなく、来シーズンに向けた成果となった。

 ハウス栽培は、地下室と同じ環境を再現しようという試み。ハウス内に、遮光資材で覆った「トンネル」を作り、そのなかでウドを育てる。さらに、温度調整用の電熱線と灌水用チューブを地中に設置する。2軒の生産農家が今年2月から4月にかけて、根株を伏せこみ育てた。

 試験結果は関係者が見守るなか、6月29日にJA瀬谷支店で発表された。県の専門部署の分析によると、硬さを示す「破断応力」は、地下室で作られたものと遜色ない数値で、「食感は維持される」という分析だった。また、味に関わる糖含有量も大きな差は無く、「食味的には十分に販売できる」とした。一方、トンネル内は温度の変動幅が大きく、主茎の長さに影響があるとされた。

 生産者らは結果について手ごたえを感じながらも、「地下室のウドに近づける努力が必要だ」とコメント。高温対策については、ハウスに遮光資材を導入することや、外気温が高くなる前に伏せこむなどのアイデアが出ていた。

半世紀の歴史

 瀬谷のウドは、市が定める「横浜ブランド農産物」に認定されている。地下で1968年から作られており、シャキッとした食感と透き通るような白さが特徴だ。ファンも多く、毎年3月頃の収穫時期には注文が集中するという。

 2015年6月に旧上瀬谷通信施設が国に返還された後は、2年間の地下栽培が認められていた。暫定利用期間の終了に向けて、関係者らは新しい手法を模索していた。

 ウドを手掛ける「瀬谷㊤(まるじょう)組合」には13軒が加盟している。今シーズンは約8軒が栽培・出荷した。生産農家は今後、横浜市の助成制度を活用したハウス導入や、昔ながらの手法である「土伏せ」での栽培などを検討していくという。
 

瀬谷区版のトップニュース最新6

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月23日号

3年ぶりに開催へ

瀬谷フェス

3年ぶりに開催へ 社会

ピクニックエリアを新設

6月23日号

環境アセスで説明会

国際園芸博覧会

環境アセスで説明会 社会

渋滞など懸念する声も

6月16日号

国交省から表彰

瀬谷駅南口第1地区再開発

国交省から表彰 社会

街づくりの功績で

6月16日号

ごみ拾いとゲームで競技

ごみ拾いとゲームで競技 スポーツ

瀬谷西高で21日に大会

6月9日号

網代さんが会長就任

市町内会連合会

網代さんが会長就任 社会

若者世代との交流図る

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook