瀬谷区版 掲載号:2017年8月24日号 エリアトップへ

横浜隼人高女子卓球部 笹尾・杉本ペアが全国2位 部で初の快挙

スポーツ

掲載号:2017年8月24日号

  • LINE
  • hatena
賞状を持ち、笑顔の杉本さん(左)と笹尾さん(同部提供)
賞状を持ち、笑顔の杉本さん(左)と笹尾さん(同部提供)

 高校日本一を決める「2017年度全国高等学校総合体育大会」の卓球種目が7月28日から8月2日、福島県で行われ、横浜隼人高校女子卓球部の笹尾明日香・杉本恵ペアがダブルスで準優勝した。ダブルスでの全国2位は同部初。

 7月30日から始まったダブルスには108組が出場し、同部からは4組がエントリーした。キャプテンを務める笹尾明日香さんと杉本恵さんの3年生ペアは、4回戦まで全て3対0のストレート勝ち。準々決勝は希望が丘高校(福岡県)と対戦し、2ゲーム目を落としたが、その後確実に点を取り、3対1で勝利した。

 勝負となったのは、準決勝の四天王寺高校(大阪府)戦。前日の学校対抗準々決勝で同校と対戦した横浜隼人は、1対3で敗れている。「団体の負けは悔しかった。ダブルスに向け、対策に力を入れた」と杉本さん。守りに入っていたという反省を生かし、「気持ちの面で負けず、自信を持とう」と攻めの姿勢で挑み、3対0で勝利。決勝に進んだ。

 ダブルス決勝は明徳義塾高校(高知県)との対戦。公式戦での対戦は初という相手を前に、「緊張はあまりしなかった」という笹尾・杉本ペア。点数を取り合う展開となり3ゲーム目を奪取。1対3で敗れはしたが、同部ダブルスでは初となる、全国大会での準優勝を手にした。杉本さんは「1位と2位の差は大きい。相手の戦術にはまってしまった」と敗因を分析する一方、「良い雰囲気の中で戦えた。試合後はやり切ったと思えた」と笑顔で振り返った。

役割工夫し成長へ

 2人がペアを組んだのは今年3月。両者とも積極的に点を取っていく攻撃型の選手だが、今大会に向け役割を分担。笹尾さんが自由に攻撃し、杉本さんが「つなぎ」を担当しバランスを取ることで、短期間での成長につなげた。指導にあたる岸昌宏教諭は準優勝について、「決勝に進んだからには勝ちたかったが、新記録を作ることができて良かった」と話した。

 全日本選手権と東京選手権を来年に控える同ペア。杉本さんは、「頭を使い、ラリーが続いても負けないような技術を身に付けるなど、勝ち抜くための力をつけていきたい」と今後に意欲を見せた。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

工事順調、来年3月開通へ

横浜北西線

工事順調、来年3月開通へ 経済

バイパス渋滞改善も期待

10月17日号

瀬谷区制50周年をお祝い

瀬谷区制50周年をお祝い 社会

記念式典に500人

10月17日号

総理大臣賞を受賞

Seya防災ネットワーク

総理大臣賞を受賞 社会

要援護者への支援など評価

10月17日号

左馬社の歴史、紙芝居で

ふるさと民話の会

左馬社の歴史、紙芝居で 文化

例大祭で初の試み

10月10日号

「区の歴史、気軽に触れて」

史跡めぐりガイドブック

「区の歴史、気軽に触れて」 文化

市民や区役所が編集

10月10日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

10月3日号

区の商店街グルメNo.1

横浜ハッピー焼ドーナツ

区の商店街グルメNo.1 経済

モンテポンがエントリー

10月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月17日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 10月3日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハロウィーンの催し多数

旭区

ハロウィーンの催し多数

テラスで12日からフェスタ

10月12日~10月27日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク