瀬谷区版 掲載号:2017年8月31日号 エリアトップへ

国際園芸博覧会招致検討委員会 交通・輸送課題など議論 基本構想案策定に向け

社会

掲載号:2017年8月31日号

  • LINE
  • hatena
各分野の有識者らが意見を交わした=市庁舎
各分野の有識者らが意見を交わした=市庁舎

 旧上瀬谷通信施設跡地を利用した国際園芸博覧会の招致に向け、有識者らによる第3回検討委員会が8月24日に横浜市庁舎で開かれ、基本構想案に盛り込む会場構成や事業計画が話し合われた。現段階で1000〜1500万人を想定する来場者のアクセスについては、駅利用者をスムーズに会場に導くための輸送手段などが議論された。

 旧上瀬谷通信施設は瀬谷区北部と旭区にまたがり、広さは約242ヘクタール。国有地(約45%)と、大部分が農地である民有地(同)が混在している。市では国有地を中心として、2026年の国際園芸博覧会の開催を目指しており、そのための招致検討委員会が6月から行われている。

駅からのアクセスに課題

 24日の委員会で、委員から意見や要望が相次いだのが交通に関する課題だ。旧上瀬谷通信施設の北側には八王子街道が通り、敷地内には南北に環状4号線が伸びている。また、近くに保土ケ谷バイパス上川井ICと東名高速道路の横浜町田ICがあるため、周辺が混雑しやすい状況になっており、開催時には更なる渋滞が予想されるという。

 その一方で公共交通機関については、最寄りの相鉄線瀬谷駅から2Kmほど離れており、敷地内にアクセスするバス路線も無い状況。1990年の大阪花博では来場者の約35%が軌道系交通(鉄道輪式リニアモーターミニ地下鉄)を利用したという事例もあり、市では輸送計画の方向性として、駅利用者のスムーズな輸送手段やマイカー抑制などを検討するとしている。

 委員からも、駅からのスムーズなアクセスを求める声や、駐車場の収容台数を懸念する意見があった。また、現在でも周辺道路が渋滞しやすい状況を踏まえて、花博開催を契機とした道路整備の必要性なども挙がっていた。

会場構成案も

 この日の委員会では、会場構成案として、国有地全体を会場として北側にメインゲートを設ける案【1】(広さ約100ヘクタール)と、海軍広場をメインゲートとして北側国有地を駐車場として利用する案【2】(広さ約80ヘクタール)が示された。

 市では今後、素案をまとめて市民の意見を募る。2017年度中に基本構想案を固めた後に、国に招致を働きかける予定。開催は、認証機関の国際園芸家協会や博覧会国際事務局が決める。検討委員会は9月にも予定されており、開催理念やテーマのほか、会場や行催自計画など具体的な内容を話し合う見通しだ。

瀬谷区版のローカルニュース最新6

ライブゲート瀬谷、遂に完成

ライブゲート瀬谷、遂に完成 経済

来年3月には区民文化センターも開館

9月16日号

「瀬谷の風景」37点を展示

「瀬谷の風景」37点を展示 文化

区民活動センター

9月16日号

瀬谷区新拠点への期待

瀬谷区新拠点への期待 社会

瀬谷区長 植木 八千代

9月16日号

末永く輝くシンボルへ

末永く輝くシンボルへ 社会

瀬谷区連合町内会自治会連絡協議会会長 網代 宗四郎

9月16日号

瀬谷区の文化振興の地に

瀬谷区の文化振興の地に 社会

瀬谷区文化協会 会長 小川 肇

9月16日号

夢実現に”感謝”

40年近い再開発構想 History

夢実現に”感謝” 社会

川口理事長にインタビュー

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook