瀬谷区版 掲載号:2017年11月23日号 エリアトップへ

児童手作り「お誕生日会」 相沢小で50周年式典

教育

掲載号:2017年11月23日号

  • LINE
  • hatena
学校で使われていた道具で演奏した2年生
学校で使われていた道具で演奏した2年生

 1968年に開校した横浜市立相沢小学校(海老澤孝代校長/児童数330人)の創立50周年式典が、今月18日に同校で開かれた。式典の主役として児童たちが、学校の歴史や地域への感謝の想いを盛り込んだパフォーマンスを披露して、創立50周年に華を添えた。

工夫凝らし、学年発表

 同校は、瀬谷小学校区域の児童数が急増したことに伴い、1967年に相沢分校として産声を上げ、翌年に独立開校した。創立にあたっては50数年前、近くの細谷戸住宅の住民有志らが、学校設立の署名活動や市への陳情を展開した。昨年度までの卒業生は、5439人にのぼる。

 50周年事業については、児童を中心に職員・地域住民・保護者らが一体となって取り組んできたという。4月に神奈川県警音楽隊を招いたオープニングセレモニーを行い、9月には「相沢小のステキなところ」というメッセージカードを括り付けたおよそ500個の風船を大空に飛ばした。

歴史や感謝織り交ぜ

 式典には、50周年実行委員長でPTA会長の東圭さん、同委員会顧問で設置運動に携わった大坪陸男さん(=人物風土記に関連記事)など学校関係者のほか、多くの来賓が出席した。

 児童は学年ごとに、「おめでとう スマイル相沢2017」と題して発表。2年生は給食の食糧缶やスプーン、掃除のバケツなど学校で使われていた道具を打楽器として活用し、「だれにだっておたんじょうび」を演奏した。4年生は自分たちの安全が地域住民に支えられているとして、通学路を見守っている大人や子ども110番の家、警察官などに対して「ありがとうございます」と感謝の気持ちを述べた。

 最後に登場した6年生は、同校で長年にわたり続けられているソーラン節を披露。最後の決めポーズの場面では、歴代の先輩から引き継いでいるという横断幕を高々と掲げた。

 式典の最後に、児童代表として挨拶した井上亮太君(6年)は「この50年で5000人を超える卒業生が巣立ったという長い歴史に驚いています」と話し、「これからも相沢小学校を大切にしていきます。私たちを見守り、支えてください」と来場者に呼びかけた。

瀬谷区版のトップニュース最新6

地元で初のコンサート

林直樹さん(三ツ境)

地元で初のコンサート 文化

“ファン”が開催実現に尽力

5月26日号

創立40周年でイベント

下瀬谷中学校

創立40周年でイベント 社会

体育祭でロゴマーク披露

5月26日号

初の全国大会出場へ

横浜隼人中野球部

初の全国大会出場へ スポーツ

市春季大会で初優勝

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

河川功労者表彰を受賞

二ツ橋水辺愛護会

河川功労者表彰を受賞 社会

20年以上の活動を評価

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook